地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS マスコミ不信

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私の中には、マスコミ不信があります。

その発端は、子どもの頃に遭遇した豪雨災害です。
家族や親類には被害はなかったのですが、一部集落では壊滅的被害が発生し、悲惨な災害となりました。

私の住んでいた地域は、立ち入り禁止区域となりました。
買い出しなど、バリケードを超えて行くのですが、出るのは良いけど、帰る時は、警備の警官と押し問答(笑)。
なかなか、貴重な経験でしたが、恐怖と不安いっぱいの生活であったのも事実。

その災害が一段落してしばらく後、某・テレビ局で、その災害の検証番組を放送していたのですが、非常に理解に苦しむものでした。
その豪雨災害と同時に発生した土石流が、公共土木工事による人災であるとの仮定から始まり、それに対する裏付けを取ってゆくというものなのですが・・・

番組側が提出する人災説に対する疑問や可能性が、ことごとく取材で覆されていくという、非常に奇妙な展開。
そして、最後に、
「このように、この豪雨災害が、工事によるものであるとは検証できませんでしたが、その疑惑はぬぐいきれません」・・・って、おい。

なんで、そうなるかと。

私は、行政・自治会・消防・警察・自衛隊など、それぞれが自分の役割を果たし、救出、復旧、援護に働いていた実態を見てきました。
また、公僕として奉職して後は、当時の関係者から、殉職覚悟の作業であったと知りました。

その時、報道は何をしていたのか?
ただ、上空をヘリコプターで飛び回っていただけ。
そんな彼らに、誰を非難し、何を批評する資格があるのか。

以来、私は、報道に対して、一歩引いた目線で対応するようになりました。
報道は、まず疑え。
生の情報以外は、2ヶ所以上の情報元を確認し、照合し、自分の頭で検証せよ。
これが、私の報道に対するスタンスです。

その後、自分も一時期、そちらの業界と密接に関係することにもなるのですが、それは、また、別のお話です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスコミ不信 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる