地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS たらいまわし

<<   作成日時 : 2007/11/10 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりにたらい回しにあいました。
いや、実は、以前通っていた、某・官庁系の公共福祉施設の利用回数券が余っていたので、久々に、行ってみたら、

「施設が売却されて、もう経営母体が違うんですよー」

げ。まだ、数万円分は利用券が残っているぞ・・・
払い戻しは効くのかな・・・?
なに、ここではできないの?
んじゃ、どこでできるの?

「 わ か り ま せ ん 」

話によると、この窓口のお兄さん、どうも、一般企業の人とのこと。
ああ。下請けさんなのね・・・

んで、お兄さん、どこの会社さんかと聞くと、なんか、言葉を濁して教えてくれない。
なんとか会話の中から、
1.某・官庁の下請けで、運営会社が施設を運営している。
2.運営会社の連絡先は知らない(ウソつけw)
3.直接の委託元は東京の独立行政法人。
4.独立行政法人はXXXという略称だが、正式名称も電話番号も知らない
・・・という情報を聞き出した。

売却されてるのに、役所が下請けに出してるわけねーだろ。

とりあえず、コイツと話しているのは時間の無駄だと思ったので、その某・官庁の地方事務所に電話して、話を聞いた。ちなみに、その地方事務所は、くだんの施設から、車で5分。
すると、確かに、以前、その施設を管理・運営していたが、すでに売却したとのこと。
また、その地方事務所では、現在、その施設の業務は行なっていないということがわかった。
んじゃ、問い合わせ窓口はどこなのでしょうか?

「 わ か り ま せ ん 」

えー。去年、売却するまで、この地方事務所で、業務は行なってたんですよねぇ?
「そうです」
んじゃ、その事務は、どこに引き継いだの?
「今は、事務を行なっていないので、わかりません」
なんか、おかしくないかと、突っ込むと、ちょいと待ってくれという。
5分ほど待たされた後、東京のものとおぼしき電話番号を教えてくれた。
んで、この電話、どこにつながるの?

「 わ か り ま せ ん 」

・・・って、どうしてよ?
「今、上司に教わっただけなので」
とりあえず、コイツと話しているのは時間の無駄だと思ったので(さっきも同じよーなこと書いたな)、早速、教わった電話番号にかけてみた。

「おかけになった電話は、現在、使用されておりません・・・」

速攻、地方事務所にリダイヤル。
くそー。さっきの担当の名前、聞いておくんだった・・・

結局、さっきの担当もつかまらず、1から話をはじめることに。
今度は、施設の窓口で言ってた、独立行政法人の総務担当課を教えてくれた。
ちなみに、さっきとは全然違う電話番号だった。

先に言っておくと、全然、期待してなかった。
地方事務所が知らないこと、しかも、細かい事後処理なんて、中央の独立行政法人が知ってるわけなどない。そう思っていた。

予想どおり、電話に出た若い男性は、不思議そうに話を聞いてくれた。
「あのー。本当に、その施設と地方事務所、当方が知っていると、教えたのですか?」
はい。そうですとも。
「・・・・・」
しばしの沈黙の後、彼は、ちょっと待ってくれと、電話を保留した。
その後、1分しゃべり、10分保留されること3回。
冷たさを感じさせる、関東(東京?)独特の方言が、いいかげん嫌になって、もう、いいかげん、電話を切ってやろうかと思った頃、彼は、地方事務所から車で5分、施設から車で10分のところにある、別の外郭団体を紹介してくれた。
はっきり言って、この独立行政法人からしてみれば、私の問い合わせなど、正直、管轄外だろうと思う。
私も、業界関係者なので、話をしながら、そう感じてた。
それなのに、彼は、ちゃんと調べてくれた・・・

あ り が と ぉ ぉ ぉ 

そして、最後に彼は言った。
「でも、その施設、まだ売却してないんですけど・・・」
もう、どうでもいい、とか、思ったが、一応、調べてみた。
おいおい。昨年、結構な金額で民間企業に落札されてますよ・・・

・・・こいつもか

まぁ、結局、最後に紹介された、外郭団体さんで、いろいろ情報交換しながら換金してもらったわけですが、なかなか苦笑い連発の体験でした。

しかし、私も、役所とか外郭団体では、いろいろお世話になりましたが、まぁ、なんとも・・・(苦笑)。
一般人なら、きっと、途中で爆発してたでしょう。

地方公務員は、自分の役所の周囲にある関連事務所(市町村・都道府県を問わず)とは、密に連絡を取って業務を行なうのが基本。
お互いが何をやっているかなど、横目で見ながら仕事をしています。

でも、国ってそんな意識がないのかなぁ・・・?
霞ヶ関とは多少の付き合いがありましたが、国の地方事務所とは、あまり付き合いがなかったので、正直、よくわかりません。

また、もしかしたら、単に、不慣れなアルバイトさんにあたっただけなのかもしれません(その前後、大量に雇ったと、ニュースで流れてたので)。

しかし、この調子だと、やはり、完全解体されるかも。
この、某・官庁・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
たらいまわし 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる