地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 国連のダイレクトメール

<<   作成日時 : 2007/12/16 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自宅のポストに国際連合難民高等弁務官事務所/日本UNHCR協会からのダイレクトメールが入っていました。しかも、海外便。
中身は、活動協力の依頼が2枚、私の住所と名前が印刷された募金振込み用紙、あと、名前シールが10枚ほど。

なんか、以前、ユニセフが同じコトしてた覚えが・・・

昨今、振り込み詐欺が横行しましたし、正直、今の日本では、広告効果しかないでしょうね。この手の方法は。
つか、採算とれてんだろうか?
他人事ながら、心配です。

それはさておき、どこから個人情報が洩れたんだろうと。
(ちなみに、以前の住所が書かれていたので、古いデータっぽい)
これだけ、個人情報にデリケートになっている時代。
ダイレクトメールには、プライバシーポリシーも書いてなかった・・・onz。
まぁ、海外発送扱いなので、国内法(=個人情報保護法)は、適用外なのかもしれませんが、正直、いただけませんね。

え?
それで、お前は、寄付したのかと?
はい。してません(笑)。

私の勤務先って、寄付依頼が多いので、職場経由以外の寄付は、すべてお断りしています。

それに、日本という国家が、国連に対して負担金を払っています。
つまり、我々の血税ですね。
ですので、一人ひとりが一生懸命働くことこそ、国際社会への貢献になると考えています。

日本の国連への負担金割合は、16−19%。
国連に、約200カ国が加盟していることを考えると、超高額負担です。
これについては、いろいろ意見があると思います。
私は、それを、否定するつもりはありません。
ただ、50年前、日本は国連の経済支援により、戦後復興をなしとげました。
その恩返しを行なうことは、信義のうえで、重要だと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国連のダイレクトメール 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる