地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 失敗例に学ぶこと。成功するより失敗しないこと。

<<   作成日時 : 2008/06/26 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

夕張リゾートという第三セクターが、夕張市の失敗事例を学ぶツアーを組んでいるという話を聞いて、私が、以前、某自治体で企画系の仕事をしていた頃、よく先輩に言われたことを思い出しました。

「成功例ばかり脚光を浴びるが、本当は隠れた失敗例を学ぶことが大事。いくら成功例を参考にしても、自治体事情が異なる以上、まともな参考にはならないし、二匹目のドジョウにしかならない。一発勝負する必要はないから、失敗しないノウハウを貯蓄して、堅実・持続的に成長できる施策を行なうことが大事」

つまり、
・他者のモノマネでは成功しない。
・刹那的施策での、一時的な活性化は、持続しない。
・無茶な投資は後世に負担を残す。
・・・と、戒めたわけですね。

あ。これ、全部、夕張市が犯した失敗じゃねーか(笑)。

というか、夕張リゾート自体が、夕張市の破綻原因のひとつという話も・・・onz

ちなみに、アメリカ合衆国空軍の戦闘機パイロットも、
「勝つことより負けないこと」を学ぶといいます。
つまり「10勝1敗よりも、1勝0敗10引き分け」が尊ばれるそうです。

「負ける→墜落→死亡」
「戦闘機の価格+人員養成費=100億円以上」
・・・取り返しのつかない損失ですからね。

自治体も、破綻すると、市民生活が取り返しのつかないことになります。

で、私のいた、この自治体。
管理職・職員レベルで、将来の行財政に大きな危機感を持っていました。
ですので、行政が、政治レベル・単独部署レベルの暴走を阻止するシステムを構築していました。

現在は、市町村合併で、この自治体はなくなりました。
このシステム、合併時に、相手先自治体から理解されず、なくなってしまいましたが、結局、半年後には、再構築されたそうです。

嫌な言い方をすれば、自治体の政治家は、4年先(=次の選挙)までの行財政を考えるのが関の山。
しかし、職員は、定年までの行財政を見つめています。
職員のほうは、生活がかかっていますから(笑)。

故に、政治の暴走を止めることは、非常に重要です。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失敗例に学ぶこと。成功するより失敗しないこと。 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる