地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年度の財務省予算編成案を見て

<<   作成日時 : 2008/07/18 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この10年、社会保障費が爆発的に増大しています。
そろそろ、どうしようもなさそうです。

逆比例するように、公共事業費が縮小しています。
社会保障費に食われているカタチですね。

どれだけの人が、この危険性に気づいているんでしょうかねぇ?

社会保障制度に異を唱えることは、非常に困難です。
それだけで、悪者扱いされてしまいますから、基本、みんな、見て見ぬふり。

まぁ、せいぜい、社会保険庁を悪者にして、事務管理経費のコストを圧縮するのが関の山でしょうか。

もうしばらくは、公共事業関係を叩いていれば、予算はひねり出せるでしょうが、それも、あと十年もつかどうか。
今度は、道路や建造物の維持管理系経費が出せなくなってくるでしょう。

社会保障費は、基本、回収の見込みのない投資ですので、起債(=国債などの借金)で賄うメリットはありません。
逆に、そんなことすると、赤字のスパイラルサイクルに突入します。
ですので、社会保障には、確固とした財源の裏付けが必要となります。

そろそろ、この問題に世論を誘導しておかないと、大変なことになるでしょうね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年度の財務省予算編成案を見て 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる