地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【役所の服装】どこまで許されるのか

<<   作成日時 : 2008/08/13 23:04   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

基本、公務員というのは、堅い服装を求められるのですが、今回は、個々のお話ではなく、全体のお話。
全体として、こんな服装は許されるのか否かというお話です。

多いところで、
「アロハシャツ」
日本全国、多くの自治体で採用されている、夏の制服です。
クールビズのうえに、観光都市をアピールできる優れものとして、いつの間にか、全国に広がってしまいました。

インパクトで言うと、
「忍者服」
三重県上野市(現・伊賀市)が有名。
期間限定で市長・職員から、果ては市議会議員まで、忍者服で業務を行うという、完全にマスコミ受けを目指した作戦。
地域の特産(?)で、まちおこしをしようとする、観光戦略の一環。
一部市民からは、恥ずかしいからやめてくれという話も。

微妙なところで、
「振袖」
都道府県庁の仕事始めで、結構、見られます。
聞くところによると、秘書担当の部課長が、自腹を切って、部下の独身女性に頼み込んで・・・とか。
あと、仕方なしに、個人的に自腹を切っている秘書係の女性とか。
(↑うわさなので、保証はできません)
そんな格好で、仕事ができるのかという話もありますが、日本の民族衣装、しかも、フォーマルウェア。誰も、ケチなんてつけません。
まぁ、正月4日なんて、秘書担当は、あいさつ関係の接客が多くなるので、物理的には問題ないのかも。

和服つながりで、
「浴衣」
祇園祭の前後に、京都市役所の有志がやってたそうです。
窓口専業ならともかく、複数の業務を抱えて、いつ、現場に呼び出されるかわからない、小さな市町村では、できませんねぇ。

さて、このへん、いかがでしょうか?

何十人、何百人のうちの1人が、そんな格好をしていたら、そりゃ、物議をかもすことになりますが、組織的にとなると、なかなか、クレームにはなりませんね。

また、フォーマルでも、ドレスで窓口に立ってると、
「Ageha嬢かっ!!」
・・・みたくなるでしょう。

社会の常識って、理屈じゃないんですよねー(苦笑)。

ちなみに、私の田舎では、昭和30年代までは、女性職員を中心に、比較的普通に、着物(和服)で業務をしていたようです。
このへんは、民俗学的に見て、転換期だったんでしょうね。

何にせよ、組織や住民の目を納得させるには、個人ではなく、集団の力が必要だということですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【役所の服装】どこまで許されるのか 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる