地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 水道水に対する誤解

<<   作成日時 : 2008/08/14 23:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、家庭用浄水器(浄水機?)が壊れてしまいまして、買い換えようか、修理しようかと、浄水器メーカーのサイトをうろうろしてましたが、その広告のひどいのなんのって・・・(溜息)。
まぁ、一流と言われるメーカーはともかく、浄水器専業のメーカーになるほど、タチが悪い。

商品を売りたいのなら、自社製品の優秀さをアピールすれば良いものを、そうではなく、
「水道水には殺菌剤毒性物質が入っていて危険だから、そのまま飲まず、浄水器を買いましょう」
・・・と、売りにかかるわけです。

ほほぉ。
んじゃ、御社の浄水器を水道施設に設置して、それを配水しましょうか?
1週間で、日本国民の半数が、病院に担ぎ込まれますよ・・・と。
メルマガでも以前、書きましたが、水道水は、基本、塩素殺菌されてます。
水道の蛇口から水が出る時点で、かならず残留塩素がある程度に消毒されています。
つか、そうしないと、危険なのです。

現実に、殺菌せずに配水して、数千だか数万だかの国民を殺してしまった国があります。
この場合でも、浄水場で、沈殿、ろ過などの浄水処理はしていました。
ただ、塩素を入れるのを、やめただけで、そうなったのです。

現実問題として、塩素のほか、トリハロメタンや水道管由来の重金属といった弊害は、たしかに存在します。
ただ、それは、
「それらを、一生のみ続けても、まず、病気にはならない」
・・・程度のリスク範囲にコントロールされています。

逆に、浄水器は、利用者個人が責任を持って管理しないと、細菌の巣になります。
何故かって?
細菌を殺すための塩素を、その浄水器が除去してしまうからですよ。
ま、浄水器を清潔に保つためには、時々、分解清掃して、たっぷり水道水の塩素で洗い流して殺菌してやる必要があるわけですね。

うわー。主客転倒・・・

まぁ、現実には、水道水を浄水器に通すことで、確実に、おいしくはなりますので、浄水器自体は否定しません。実際、私も使っていますし。

ただ、浄水器を売りたいなら、正々堂々と、売れと。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
水道水に対する誤解 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる