地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛社精神

<<   作成日時 : 2008/10/19 20:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「住民のみなさんのためのまちづくり」
・・・とか、よく市町村レベルの議員さんが言うセリフです。

私は、そんなセリフを聞くと、いつも、
「いや、自分がやりたいことがあるから、議員やってんだろ」
・・・と、心の中でツッコミを入れています。

理想のない政治家なんて、どこにもいませんよ。
良かれ悪かれ・・・(ぉぃ

まぁ、冗談はさておき(ホントに冗談か?)、これは、自治体職員にもあてはまるわけで、職員だって、やりたいことがあるから、地方公務員やってるわけです。

まぁ、「住民のみなさんのためのまちづくり」という考え方も否定しませんが、少なくとも、職員レベルで「まちづくりに対する自分のビジョン」というものは、必要だと、常々思っています。

「住民のみなさんのためのまちづくり」などという美辞麗句に隠れて、主体性を失ってしまってはいけませんよね。

ちなみに、これが、更に進むと、
「わがまちをどうするか?」
・・・とかいうこころまでいってしまうわけですが、これは、なかなか理解されません。

ただ、少なくとも、世の中には「わが社」という言葉が存在します。
企業は、利益追求体であると同時に、社会に奉仕するものでもあります。

え?前者はともかく、普通、私企業は社会に奉仕しないって??
CSR (Corporate Social Responsibility)の概念を忘れた企業に、存続の余地はありませんよ・・・(苦笑)。

おっと、脱線。
んで、その、企業社員が、「わが社」の概念を捉えるのと同様に地方公務員の考える「わがまち」という概念を捉えていただけたなら、そのへんまで行ってしまった地方公務員の感覚というのは、理解してもらえるかなと、思います。

地方公務員だって人間だもの。
理想も目標もありますよ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
愛社精神 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる