地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 補助金返還

<<   作成日時 : 2008/11/03 23:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、国庫補助金の不正流用の問題を書き込みましたが、今回は、自治体レベルのお話。

昨今、自治体財政は火の車。
となると、補助金は予算査定でも減額対象の一環。
毎年、定率カットなんて、当たり前。

さて、補助金というのは、「団体の運営のために交付されるもの」と、「事業に対して交付されるもの」の、おおまか2つに分類されます。

基本、前者の場合、不正な使用がない限り、返還されることは稀です。
というのは、通常、団体の運営というのは、継続的に行われるわけで、その結果、「繰越金」というものが発生します。
なので、その年度、予算が余っても、繰越処理されるので、返還されることがないわけです。

しかし後者の場合、事業が終了した時点で、精算が発生します。
この時点で、補助金の残額は、自治体に返還されます。

普通に考えれば・・・(ぇ?)

ところが、一部の市町村でも、補助金の返還を嫌がっていた形跡があります。

その理由のひとつは、前回のネタの中央官庁と都道府県のくだりに関連します。
つまり、市町村が各種団体に交付する補助金が、上位の自治体や官庁の補助金と関連している場合です。

こうなると、市町村は板挟みになっちゃいます。
そして、結局、使い切りよさんががががが・・・onz

やめとこ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
補助金返還 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる