地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日も裁判員制度のお話(ただし昔話)

<<   作成日時 : 2008/12/21 21:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まだ、始っていない制度について、何が昔話だというようなツッコミも聞こえそうですが、今回は、裁判員制度の導入が決まって、法務省が、PR活動をはじめた頃のお話。
今、話しても、制度の施行にはも、何の影響もないでしょうし、十分時効だろうし、そろそろ、いいか(笑)。

これは、私が、地方法務局の広報担当官から、レクチャーを受けた時のお話。

担当官 「ということで、これが制度の概要でして、現在、各団体・関係機関を訪問して、PRに努めているところです」
私 「日本で陪審制度ですか?無茶しますね・・・あ。いや、失言」
担当官 「いえ、ホント、政府・法務省の暴走ですから」
私 「・・・ぉぃ(汗)」

末端とはいえ、同じ法務省内部で、公然と異論が唱えられたのは、正直、驚きました。
ホント、いろいろと、強行な見切り発車だったのだと思います。

とか言いつつ、私は、裁判員制度には、賛成なんですけどね。

なお、一部報道では、かなり、辞退者が出るような書かれ方をされています。
それについては、前の記事で少し書きましたが、今後、どうなるか・・・。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日も裁判員制度のお話(ただし昔話) 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる