地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 正月の和服出勤の謎。

<<   作成日時 : 2009/01/06 22:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

お正月に、必ずニュースで流れる、和服で初出勤する女性のお話。
大手一般企業だけではなく、地方自治体でも、大手さんでは、秘書部門のお嬢さん・お姉さん方が、和服で登庁します。

基本、現代日本では、和装するのにも、技術や手間、場合によっては経費が必要となります。
特に、女性の晴れ着となると、もう、美容室の仕事。
自主的に、和装出勤を求めるには、少々、酷な世の中です。

では、そのような女性陣の着付け代って、どこから出てるのでしょう?
正直、わかりません(笑)。

ただ、経費として、役所の予算に上がってきたのは、見たことないですね。
よくある話としては、関係の管理職が自腹を切ってるとかいうのがありますが、都市伝説の域を出ません。

聞いたところで、絶対、答えてはくれません。
役所は、公私分離が原則ですので、私費を持って、公務に当たるのは、
「好ましくない行為」として、注意されちゃいますから(笑)。

あと、着付け代の請求書を、何か別の費目に書き換えて、公費で落としてるとかいう話もありますが、これも憶測の域を出るものではありません。

どちらにしても、着付け代の真実は、謎のままです(苦笑)。

あと、おまけ。

国会:和装議連の議員数十人、和服姿で登院
与野党の国会議員数十人が5日、通常国会の開会式に合わせて和服姿で登院した。超党派の和装振興議員連盟(国会議員氏名は略)が紋付き羽織や着物姿で国会議事堂をバックに記念撮影するなど、6日以降の与野党攻防を前に、国会はつかの間の和やかなムードに包まれた。
(1月5日:毎日新聞より一部引用)

ちなみに:
「数十人」って、全国紙が、そんなアバウトでいいのかー(笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
正月の和服出勤の謎。 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる