地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【マスコミ論】一方聞いて沙汰するな

<<   作成日時 : 2009/01/14 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

世の中なんて、平和に越したことないわけですが、新聞を表紙から2枚めくれば、毎日、戦争の記事が踊っているのが実情。
今だと、イスラエルのガザ侵攻なわけですが、正直、私は、イスラエルの絡む中東記事というのは、かなり、斜めに読んでいます。

というのは、
「どっちもどっちなのに、なんで、イスラエルだけ悪者なんよ?」
・・・という、意識が先行するわけ。
まぁ、マスコミに情報コントロールされてんじゃないかという、危機感も先行していますが(笑)。

どっちが先に殴ったとか殴ってないとかいうケンカ成敗の基本論では、解決できないほど、パレスチナ問題は根深いものですので。

個人的な意見で言うと、政府を無視し、非正規の武装集団で日常的にポンポンとイスラエル領内に、ロケット砲を撃ち込んでいるガザのハマスより、政府の方針に従って武力行使するイスラエル軍のほうが、相対的に、まともだと思っています。

おっと、日本国民としては、国家の交戦権を認めてはいけませんね。失礼(笑)。

ただ、ガザのハマスは、イスラエルのように、組織された近代的な軍隊を持ってはいません。

なので、今回のように、イスラエル軍が行動を開始すると、大人と子どものケンカみたくなってしまうわけ。

また、ガザのハマスは、事実上、軍民分離が行われていません。
というか、意図的に、ガザの非武装住民を巻き込む戦術をとっていますので、民間人の被害者が、どんどん広がるわけ。
しかも、ガザのハマスがそう仕向けているのに、直接加害者はイスラエル軍になってしまいます。

結局、軍備上の不公平感と、民間人被害の問題から、イスラエルが悪者に写るんですかねぇ?

なんにしろ、即効性のある解決策などというものは、存在しないでしょう。
しかも、現地は地球の裏側。自衛隊派遣も、まぁ、無理な状況。
我々がどうこうしようのある問題でもありません。
ただ、「一方聞いて、沙汰するな」の原則は、常々持ち合わせておきたいものです。

ですが、情報を噛み砕いて整理し、分析するという技術を磨くのには、中東記事は、良い教材かもしれません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
パレスチナの市民運動をハマスが率いているわけですが、
当初よりシン・ベートという諜報機関(モサド系)が入り込んで、うじゃうじゃ工作を絡め、思想誘導している背景があります。
屁のようなロケットを持ち込んでいるのも、それで「総攻撃」をさせるているのも実はイスラエルです。
通りすがり
2009/03/03 15:00
管理人さんです。

えー。
http://sirokane.exblog.jp/10157719/
↑「屁」というのは、こんなかんじですかww

でも、これで、人間、死ねるんですよ。
笑っちゃいましたが、ホントは笑えないんですよねぇ。

ちなみに、私、レンガを投げつけられたことがありますが、マジ、死ぬかと思いました。
TVで80-90年代の、インティファーダ報道を見て、このアナウンサー、投石の恐怖、わかってんだろうかと、憤慨した記憶があります。

で、いただいたコメントですが、私の努力では、裏が取れませんでした。
「一方聞いて沙汰するな」の原則どおり、心に留めておきますね。

とか、書きながら、法令解釈ネタで、今、3月3日のクリントン発言を因数分解中。
多分、ハマスさんに厳しい結果となりそうです。はい。
k.k.
2009/03/03 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
【マスコミ論】一方聞いて沙汰するな 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる