地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 比例代表選挙の特徴が端的に・・・

<<   作成日時 : 2009/02/12 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦争の影響か、イスラエル総選挙の話題が新聞に躍っています。
ぜんぜん知らなかったのですが、イスラエルの国政選挙って、比例代表選挙だったんですね。(ちなみに、日本と同じドント方式だそうです)

で、速報値が・・・
カディマ(与党:中道)  28議席
リクード(右派)     27議席
わが家イスラエル(極右) 15議席
労働党(連立与党:左派) 13議席
シャス(右派)      11議席
アラブ系政党(左派)   11議席
ユダヤ系教連合(右派)   5議席
国家統一党(右派)     4議席
ユダヤの家(右派)     3議席
メレツ(最左派)      3議席
(合計120議席)

最大政党でも、1/4議席、取れてないんですよね。

比例代表は、死票を減らし、バランス良く多くの意見を取り入れることができるメリットがあります。
反面、与党が過半数を占めることがほぼ不可能であり、安定政権が発足し得ないデメリットがあります。


今回のイスラエルの例でも、それが顕著に現れていますね。
今、どこの政党も、連立工作で必死っぽいです(笑)。

日本のように、小選挙区制度中心なら、ドラスティックな政権交代や、単一の安定政権が発生することもありますが、それはそれで、死票が多く、少数意見の反映が難しくなります。

まぁ、くわしくは、専門家に譲りますが、ホント、選挙制度は、どこの国でも、難問や弱点を抱えるものです(苦笑)。
(↓このへん、くわしい)
http://ameblo.jp/gyouseisyoshi/entry-10206551880.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
比例代表選挙の特徴が端的に・・・ 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる