地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【肯定的意見】ガサ入れの副産物から

<<   作成日時 : 2009/06/21 09:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いつぞやの記事のおまけになってしまいそうな話ですが、検察が厚生労働省をガサ入れしてたら、事件とはまったく関係なく、執務室から現金400万円ほどが、発見されたそうです。
なんでも、職員の任意団体として某・出版社の校閲報酬を得ていたそうで。

まぁ、基本、官僚さんの、校閲・講演・執筆など、よくあるお話ですが、400万円もの大金を、事務室保管しているというところが、サプライズですねぇ。
気の小さい私には、とてもできません。

あと、もうひとつ、驚いたのが、ちゃんと、確定申告済みだったという・・・(笑)。

いや、参りました。

さて、本題ですが、基本、公務員が執筆・講演・校閲などを行う行為は、禁止されていません。

私は、むしろ、どんどん行うべきだと思います。

役所が民間人に協力を求めることと同様に、企業が公務員に協力を求めることは、良いことだと思います。

もちろん、私人として行う以上、それに対する対価の授受は否定しません。
つか、役所の業務として、(役所の勤務時間内に給料もらって)民間に利益供与するより、よっぽどまとも。

そのような官民交流は、あってしかるべきだと思います。

ちなみに、私も、服務行規則・税法ともに、問題のない範囲での原稿執筆は、何度もあります。
報酬以前に、自らの知識・技能が誰かの役に立ったという充実感や、原稿執筆のための事前勉強などで得られたもののほうが、はるかに、価値のあるものでした。

あと、私、うっかり「業務上」のつもりで、受けた執筆に、謝礼が払われてしまったコトが、何度かあります。
執務時間内の執筆行為でしたので、
「公務ですので」
・・・と、謝礼は、すべて、役所の雑入に入れましたが(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【肯定的意見】ガサ入れの副産物から 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる