地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 無駄遣いではないと思いたいお金の使い方

<<   作成日時 : 2009/06/13 21:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所が、2008年の世界の軍事費ランキングを発表しています。ドルベースで。
つか、「平和研究所」が、戦争研究というのも、妙な気がしますが、
「平和を欲するならば戦争を理解せよ」 (リデル・ハート卿、原典はローマの格言らしい)
・・・みたいな発想もありですので、それはそれで、説得力はあるかも。

で、「軍事費」と言っても、計算方法がいろいろあるので、指標の一つでしかありませんが、これは、結構、有名指標ですので、ネタにはいいかと思います。
以下、ここ3年の変遷です。(AFP通信より)

・ 2006−2007−2008
1.アメリカ アメリカ アメリカ
2.イギリス イギリス 中国
3.フランス 中国   フランス
4.中国   フランス イギリス
5.日本   日本   ロシア
6.ドイツ  ドイツ  ドイツ
7.ロシア  ロシア  日本
8.イタリア サウジ  イタリア
9.サウジ  イタリア サウジ
10.インド インド  インド

これから読み取れることは、
a)上位10ヶ国中、6ヶ国が核保有国
b)各国はGDPランキングにほぼ準じた軍事費を計上している。
 →ただし、日本は例外的に低く、サウジは例外的に高い。

・・・あと、何かあるかな?

a・b双方の視点から見て、日本は、核保有国に囲まれながらも、GDP(世界第2位)に比較して少ない防衛費で安全保障を為し得ているという点で、結構、評価できるでしょう。

「Vision of Humanity」主催の「GIOBAL PEACE INDEX」でも、日本は常に平和ランク上位に食い込んでいます。
http://www.visionofhumanity.org/gpi/results/rankings/2009/

基本、防衛費(軍事費)というものは、無駄な支出非生産的な支出です。
資本主義経済理論の中では、非合理的な支出と言ってもいいでしょう。

しかし、すべての国と人々が、争いごとなく生きてゆける世界というものが、現在のところ、成立していないのが、現状。
故に、安全保障の観点から、防衛費の支出が発生します。

今後、そんな理想的な世界が生まれるかどうかはわかりません。
しかし、そこにたどりつくまで、無駄な支出非生産的な支出が、必要とされることは、疑いありません。

あと、日本の財政赤字の責任を防衛費のせいにする人がいますが、財政赤字の主な原因は社会保障ですので、念のため。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無駄遣いではないと思いたいお金の使い方 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる