地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成21(09)年7月中国・九州北部豪雨で思い出した

<<   作成日時 : 2009/07/29 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

山口、北九州方面の豪雨災害の報道を聞いていて、以前、某・役所の土木部門に勤務していた頃のことを思い出しました。
九州北部ではなく、九州中部エリアをネタにしたお話なのですが・・・

当時、その部署では、災害復旧等を担当しており、梅雨の時期になると、若手職員が、毎年、同じ疑問を口にするわけです。

何故に、九州中部では、大災害が発生しないのか?

部署のアメダスを観測していると、九州中部では、梅雨の時期、毎年のように中・長期的な豪雨が発生しているわけです。
データだけで見ると、とんでもない量の豪雨です。
しかし、豪雨災害として、九州中部、特に熊本県方面が、取り沙汰されることは、ほとんどありません。

何故でしょうか・・・??

当時の解釈としては、豪雨が当然の地域だから、治水事業・治山事業が高度に進捗していて、豪雨にも十分に耐えられるインフラが整備されているというものが主流でしたが、事実のほどは、わかりません。

もしかしたら、人口密度が低い地域への豪雨なので、ニュースにならないだけかもしれません。

誰か、知っている人がいたら、教えてください・・・(ー人ー)オネガイ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
平成21(09)年7月中国・九州北部豪雨で思い出した 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる