地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【日本の】国家公務員がお世話します

<<   作成日時 : 2010/01/29 22:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、在日米軍と国家公務員のお話をしましょうか。
昔、防衛施設庁という役所がありました(現在は防衛省に統合されちゃいましたが)。
名前からすると、なんか、土木系とか施設管理系の役所っぽいようですが、この役所には、もうひとつ、重要な役割があるのです。
まずは、下記の時事ネタをどうぞ・・・

上空通過後に破壊音 米軍機部品落下
(前略)綾瀬市大上で28日、上空を飛行中の米海軍厚木基地所属の戦闘攻撃機から、長さ約50センチもある棒状の金属製部品が落下し、民家を直撃した。(中略)
XXさんは「米軍機の部品の可能性がある」と考え、同日午後3時過ぎに南関東防衛局に連絡。約1時間後に警察官と市役所職員のほか、同防衛局、米軍の関係者らが訪れ、部品を回収した。その際、米軍関係者は「迷惑をかけてすみません」と謝罪したという。(後略)
(2010年1月29日:読売新聞より一部引用)

強調部分が、今回のネタ主役です。
この事故、この後、どのようになるのでしょうか?

基本、市役所は無関係。
警察も、付き添いのようなもの。
後に残るは、被害者と米軍、防衛局の職員さんです。

え?
当事者同士じゃなくて、防衛局も入るの??

そうです。
保障や示談に関しては、被害者と在日米軍ではなく、被害者と防衛局(旧・防衛施設庁)が、行うのです。

なんか、保険屋さんみたいですね・・・

私の同級生で、防衛施設庁に入庁後、この仕事に就いたヤツがいましたが、2年で心の病になって、休職を余儀なくされました。
なんでも、被害者と在日米軍の板挟みで、毎日、双方から叩かれまくってたそうです。

そーいう仕事は、役所が直営でやるんじゃなくて、保険屋さんに委託すりゃいいのになんて、当時、口には出しませんでしたが、そう思ったものです。

ですので、在日米軍関係の(犯罪ではなくて)事故などnに巻き込まれた場合、どうぞ、必要以上の(無理な)補償交渉は、勘弁してあげてください。

個人的なお願いでした・・・(ぇ?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【日本の】国家公務員がお世話します 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる