地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学は出たけれど

<<   作成日時 : 2010/04/15 22:24   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

最近、産経新聞で「凍える就活・内定率急落の現場(1)一流国立大を出たけれど・・・」という、連載記事の第1回の写しを拝見しました。(現在、4回まで公開中)
私は、高卒で公務員就職。その後、紆余曲折あって大卒。その後も、役所ジプシーとなったので、若い頃、まともに就職活動はしていません。なので、そんな私が、就職問題を語るのもアレだと思いつつ、雑談で失礼します。

上記のリンク先から読み取れることは、今の時代、
・学歴よりもやる気
・成功体験より失敗体験

・・・みたいなことを求められると、論じられていました。

なるほど。役所でも、
「採用試験は最低限の足切り。あとは、どう育てるか」
「成功例は参考にならん。失敗例を探せ」

・・・みたいな考えが、幅をきかせていましたねぇ。

何にしろ、「失敗体験」を記事にしている産経新聞さんは、大正解だと思います。
産経新聞さんって、社会面の記事や主張は、見事に偏っているんですが、時々、ものすごく良質な連載があって、その部分だけ、大好きです。

とりあえず、おススメ記事です。

ちなみに、私の場合、最初、高卒バブル採用だったわけですが、役所の人事担当の話によると、一次試験の結果で、面接前には、ほぼ採用が確定してたそうです。(ちょっと自慢ww)
役所・民間企業を問わず、いまどきの採用スタイルでは、絶対、採用されないタイプみたいです・・・(苦笑)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
記事読みました。

数年前、私が受けたある官公庁の二次試験で
作文のテーマが
「失敗から学んだこと」
面接の質問の一つに
「フリーター(という立場・人)についてどう思うか」
(当時の私はいわゆるフリーター)
というのがありました。あの当時、
・学歴よりもやる気
・成功体験より失敗体験
が求められている、という意図であのような質問・テーマになったのかどうかはわかりませんが・・・(汗)

落ちが無くてすみません。
鶏肉
2010/04/15 23:55
コメントありがとうございます。

正直、新聞記事の記載が、正解なのかどうかということも、保障はできませんです。
ただ、面接というものは、受けている本人が思っている以上に、多くの情報を面接官に与えているということは、間違いないと思います。

こっちも、落ちがなくて、すみません。
k.k.@管理人
2010/04/16 00:04
最近の就職試験の話を色々な方から聞きますが、どうにも圧迫面接を行う企業が多いようですね。特に田舎の中途半端に大きい企業で顕著のようです。
今のところ耳に入るのは受けた立場の人の話のみなので、話半分〜1/3で聞いておりますが、それにしても何を評価したくてやっているのか理解出来ない事も多いです。

少なくともその話の内容からは「学歴よりもやる気」「成功体験より失敗体験」を求めてる様には感じませんでした。

実は私も人事を担当した事があり、面接官(の補助)をした経験も有るのですが、多少の意地悪な話を交えた事は確かに有りますけど、基本受験者に楽しく話をさせるように気を使いましたけどね・・。

失敗体験だけは人の何倍もあるので、また試験を受けてみようかな〜と思ったりしますw
みかなん
2010/04/16 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学は出たけれど 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる