地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【職員採用】子どもが言い出した。父は困った。

<<   作成日時 : 2010/07/13 21:06   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

先日、某・地方自治体でお世話になった先輩の職場にお邪魔した時、先輩が、ため息交じりに語っていた、職員採用試験のお話。

「子どもが2人、いるんだがな。どっちも、オレんところの役所を受験すると言い出した。親としては、ちょっとなー」

やっぱり、親子で仕事は嫌ですか?

「というわけじゃなくて、どっちも、無理だろうなーと。競争率、すさまじいし」

2人いると、どっちかは、採用される可能性も・・・

「どっちもどっちなんでな。片側だけ採用されるような可能性は、絶対ない」

すると、横から、アルバイトのお嬢さんが・・・

コネコネコネコネ・・・

スリッパが飛びました。

「あのな。面接まで行けば、犯罪的な意味で、そーいう可能性も排除できんだろうが、どーやって、筆記試験を超えるんだ??」

はい。
今、一次試験・筆記試験では、受験者の名前がわからない状態で審査する方式が主流です。
ですので、問答無用の学力勝負となります。

職員採用で、人格やコミュニケーション能力、やる気や意思等は、重要な要件・能力です。

しかし、その前に、最低条件として、「学力」という問題が立ちはだかります。
というか、今、公務員試験では、学力はただの足切りの材料。
「最低条件」にすぎないのです。

そういった意味で、(かつ、いろんな意味で)現在の公務員試験というのは、かなり困難な世界となっているようです。はい。

ちなみに、こんなことを言ってはいますが、私も、前述の先輩も、競争率が限りなくゼロな、バブル採用組です(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日新卒採用の部下に採用試験の時の話を聞いたことがあります。その話を聞いて自分が受けたら絶対に試験に通らないと確信しました^^;
なにせ専門試験が、政治学、行政学、憲法、行政法、民法、労働法、刑法etcetc・・・・。もう覚えることが多すぎて、これをパスするのは非常に難しいです。私の性格上必要に迫られているならばいざ知らず、試験のためにこれを暗記するなど100%無理だと思っています。
新卒君はこの試験をパスするために1日8時間×1年以上の勉強をしたとのこと・・・・。頭が下がるけど、もう少し使い物になってくれと・・w

さて私は中途採用でしたので、専門試験は小論文だけでした。まぁ、通常の生活を問題意識を持って過ごしていれば、どうとでもなる内容だったと思っています。
その他は教養試験(いわゆる5教科)と適正試験でした。ハッキリ言って自慢ですがぉぃ、私は教養試験は満点で、適正試験は歴代最高クラスだったとの事で、有り得ない程のバカをしなければ面接する以前の段階で採用は決定していたとの事でした。

それも多少のコツがあるだけで、純粋に能力が高い訳ではありませんが・・・・生活の知恵といったところです(’’;;;
みかなん
2010/07/13 23:56
あー。
私も似たようなもので、「ありえない成績」で、「落としようがなかった」そうです。

まぁ、それでも、現在の(二次)試験ではいろいろ、厳しい審査があるみたいなので、現在の選抜では、受かる自信はありません。

また、そんな(当時の)私を、採用しようとは、(今の)私は・・・って、ちょww
k.k.@管理人
2010/07/14 21:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
【職員採用】子どもが言い出した。父は困った。 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる