地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS トイレのサンダルの謎

<<   作成日時 : 2010/07/19 22:23   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

これ、とある公共施設で仕入れたネタなのですが、えー。
古い施設のトイレだと、上履きを脱いで、サンダルとかスリッパとかに履き替えて入るトイレって、ありますよね。

そのトイレのスリッパが、増えたり減ったりするというお話。

・・・意味がわからん。

で、つきつめて聞くと、どうも、この梅雨時期になると、トイレのサンダルが減ると。
で、しばらく晴れると、若干増えると。
また、特に、梅雨の終わりの豪雨時期には、激減するそうです。

その後、大体、残暑の頃から秋のはじまりには、元の数に戻り、また、翌年、梅雨の入りとともに、数が減・・・と。

・・・なんでやねん?(関西テイストで)

正直、正確な原因は、施設管理者にもわからないとのこと。
ただ、あくまで、想像であるとして、以下のようなお話を伺えました。

・施設の近くに、中学校があり、中学生が、結構、その施設を利用する。
・梅雨の時期には、中学生の雨宿りが増える。

以上のことから、雨の日、中学生が、靴が雨にぬれるのを嫌がって、その公共施設のトイレのサンダルを、家まで履いて帰っているのではないか・・・と。

うーむ。
事実だとすると、ちょっと、学校に言って、お説教してもらわなければなりませんねぇ・・・

しかし、ちゃんと、返しに来るところが、また、偉いというか、カワイイというか・・・(苦笑)。

まぁ、本当のところは、よくわかりませんが、公共施設にも、不思議話のひとつやふたつ、あってもいいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トイレの逸話(その1)
トイレと言えば、アレを思い出す。
「アレ」とは、今年4月末に狂犬病予防注射というのがあり、町立図書館(入口)へ、犬を連れてった訳ですが、抵抗してか駐車場辺りに「糞」をしまして、これを紙に包んで捨てに行こうとしたら困った。
えー、館外にもトイレがある訳ですが施錠されていたんですよねぇ。
月曜なので定休日だったいうのもありますが、こういう事もあるので出来れば開けておいて欲しいと思いました。
(結局は駅のトイレに流しましたが。)
因みにこの図書館の「館外トイレ」。
設立されてから暫くして「放火」された事があります。

トイレの逸話、(その2)
えー、これは区の公民館の話。老朽化と手狭だったのが原因なのか2年程前に町営ではないので「区費」で建て替えたのですが、
前の公民館はトイレが外にありまして、自由に使えた訳です。
ところが、建て替えた途端、公民館の中に造られました。
すると、普段玄関には鍵がかかってますので当然の事ながら中に入れませんし、「トイレ」にも行けません。
良いんだか悪いんだか。
山野
2010/07/20 08:50
いやー。
トイレを語ると、本が一冊書けるとか、よく言いますが、役所なトイレネタでも、そのようですねぇ(苦笑)。

あと、思い出しましたが、ご近所の公園の仮設トイレも、夏になると、たびたび放火されます。

まぁ、トイレの中で、花火に点火しやがるだけなんですけどね・・・
ちなみに、最近の流行は、ネズミ花火みたいです。
k.k.@管理人
2010/07/20 22:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
トイレのサンダルの謎 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる