地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は役所改革の日ですが。

<<   作成日時 : 2010/10/06 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

朝、知ったのですが、本日10月6日は「役所改革の日」だそうです。
ぐぐりましたが、誰が決めたのか、わかりませんでした(苦笑)。

ただ、この日は、昭和44年(1969年)、千葉県の松戸市役所に「すぐやる課」ができた日を、あてているそうです。

一時期、全国各地の自治体で大流行した「すぐやる課」ですが、昨今では行政改革の進展に伴い、ほとんど姿を消しました。

これは、官民の役割分担がはっきりしてきたこと、各種事業の民間委託が増えたこと、当時、役所がやっていたことを、民間事業者がやりだしたこと、あと役所が遊撃兵を抱えている余力がなくなったなど、複数の理由が考えられます。

少なくとも、今「役所改革をするぞー」「なんでも職員がするぞー」「よーし。すぐやる課を作るぞー」とか言うコトにはならないでしょう。

昭和44年当時の行政改革を否定するつもりは全くありませんが、現在、2010年(平成22年)。
時代と社会に合致した役所改革を模索し、進めたいものです。はい。

ちなみに、結構有名なお話ですが、千葉県松戸市に「すぐやる課」を作った市長は、ドラッグストア「マツモトキヨシ」の創業者・松本清氏だそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当時の方が、やりがいが有った様な気がします。今は何でも民間委託やら委譲やらで、とにかく人を減らせの一本槍ですもんね。
「すぐやる課」ならぬ「すべてやらない課」ではないのかと・・・・。極端から極端への移行は日本の特徴でもあるのですが、もう少しバランス良く出来ないのかなぁと思います。
みかなん
2010/10/07 07:29
管理人さんです。

そうですねー。
そこまで、言うつもりもありませんが、チェーンソーを担いで、公園のヒマラヤスギを切りに行ったりとか、今、なくなりましたねー。
河川の倒木を現場処理できずに、自宅に持ち帰って、シイタケの原木にしたり・・ってぉぃ。
k.k.@管理人。
2010/10/07 22:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は役所改革の日ですが。 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる