地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 年金の運用はうまくいっている・・・みたいな話。

<<   作成日時 : 2010/12/20 23:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

年金の積立金が、市場で運用されていうことは、広く知られているところですが、その運用実績は、いかがなものでしょうか?
ちょっと、統計上から、見てみたいと思います。

年金の積立金の運用は、「年金積立金管理運用独立行政法人」を中心に行われているところですが、厚生労働省の資料も含めて見てきたいと思います。

↓以下、関連資料。
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/tsumitate/kekka/21-hokokusho.pdf ※42ページ
http://www.gpif.go.jp/faq/index.html#q5
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/zaisei/data/data01/kousei/ks-18.html
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/zaisei/data/data01/kokumin/kk-08.html

これらの資料を見て、わかることは、
・年度単位で見ると、儲けている年もあれば、マイナスの年もある。
・5年程度のスパンで見ると、ずっとプラスの利益が出ている。

・・・ということです。

債権市場などというものは、一種のゼロサムゲームであり、勝者がいれば敗者がいる世界です。(大雑把に言っています。厳密には、そうではないと思います)
つまり、十戦十勝はほぼ絶望的な世界なわけです。

その中で、年金の運用は、十戦七〜八勝。

競馬や競輪などの公営ギャンブルで、7割勝利することは、まず、不可能です。
宝くじも同様。
プロ野球の優勝チームも、7割は勝っていません。

つまり、金融資産としての年金は、かなり上手に運用されていると言えるでしょう。

しかしながら、四半期ごとに、年金の運用実績が発表されると・・・

・儲けた場合・・・・・当然。
・損失を出したら・・・非難轟々


通算では、儲けているのに・・・(溜息)。

なんか、1億2千万人の国民が、モンスター消費者となったような錯覚に陥るのは、私だけでしょうか?

まぁ、証券会社も似たようなクレームを受けるとか、知人の証券レディが言っていましたが。


追記:
ちなみに、k.k.は、資産運用については、素人です。
公開されているデータから、単純事実のみを抽出して、この記事を書いています。
そのあたり、前提にして、お読みください。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久しぶりにコメントさせていただきます。

ワイドや複勝をたくさん買って遊ぶヒトにとっては、
それで儲けることができるかどうかは別にして、
10レース中7レース的中=7割勝利は難しくありません。
逆に大穴狙いで勝負するなら、10レースで1レース的中=1割
だけでも的中すれば、もうすごい大勝ちです。

また、
競馬や競輪などの公営ギャンブルの控除率は2割5分なので、
公営ギャンブルに参加する全員の平均をとれば、
7割5分が戻ってきていることになります。
または個人を長期的に見た場合は回収率が7割5分に収束します。
すなわち7割5分勝利するのが平均だとも言えます。

ということで、
「競馬や競輪などの公営ギャンブルで、7割勝利すること」
の意味が不明確になっていると思います。
控除の割合が違う宝くじや
プロ野球の勝敗と並べるのも違和感を感じます。

「公開されているデータから、単純事実のみを抽出し」
という追記がありましたので、なおさら気になりましたwww
はやじ
2010/12/21 09:02
大前提として、『いま現金化したら、これだけの利益・損失になる』という数字なのか、『実際に現金化したので、これだけの利益・損失が現実化した』という数字なのか。
この2つの切り分けが大事ですよね、基本的に前者であるのですけど、報道だけだとこの点が曖昧ですねぇ。(ボソッ

あと、総額(規模)が大きいので、益も損も金額が大きく見えるという側面はある訳でふ。報道なんかでは、金額が強調されますから。

他国と比してどうなのか?は、率で比べる事になるんですけど、他国に比して『ほとんど儲けてないが、比較的損も少ない』という評価になるかな??

某国なんかでは、儲けるときは十数%の利益ですけど、損するときも20%近い損失だったりしますから・・・。
日本の場合、リーマンショックの時期は、一番損失が少ない部類だったりした訳です。裏を返せば、運用益が期待できる局面で、過小な益しか得られていないとも。。。

まぁ、ハイ・リターンとロー・リスクは、基本的に両立しない命題ですから。
秘匿希望。
2010/12/21 14:43
管理人さんです。

「はやじ」様
そうですか・・・
私とその周辺の人は、賭事師ではなく、負事師だったのですね・・・

いや、薄々は感じていたんです。

「秘匿希望。」様
ちなみに、「しんぶん赤旗」さんとか、ギャンブル性を伴う市場運用をやめよみたいな論説、書いてましたね。
これは、ノーリスク・ノーリターンということでw
k.k@管理人
2010/12/21 23:10
ネタにマジレスしちゃったみたいでスイマセン。

私とその周辺の人は、一般的な負事師なので、
勝ったことだけを記憶するものですw
賭事ではなく負事。
または勝負師ではなく負師(ブシ)ですw

・儲けた場合・・・・当然。
・損失を出したら・・無視(忘却)
はやじ
2010/12/22 09:12
管理人さんです。

いえいえ。
笑えて多少は役に立つネタが、ウチの基本ですが、管理人がふざけている部分を、コメント陣が正しい方向に進めていただけるというのも、ウチの売り。
ですので、遠慮解釈なく、管理人をぶった切ってやってくださいww
k.k.@管理人
2010/12/22 22:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
年金の運用はうまくいっている・・・みたいな話。 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる