地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 議員日当制と日常生活

<<   作成日時 : 2010/12/21 23:31   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 5

阿久根市絡みのネタですが、カテゴリー外の雑談です。
西日本新聞によると、12月17日現在、阿久根市の市議会議員の補欠選挙の立候補者が、見当たらない旨、報道されていました。

記事では、その理由として、
1.議会の解散が近い(=リコール解散を前提としている)
2.議員日当制により、経済的な理由で成り手がいない

・・・と、分析しています。

今回「1」は放っておいて、「2」を考えてみましょう。

私は、議員日当制には、基本、反対です。

理由はいくつかありますが、最大の理由は、経済的なものです。
日当1万円と仮定して、年に4回の議会期間に、80日程度の出席で、年収80万円。
しかも、失業保険なし。

年収80万円で、一家を養って、なおかつ日常の議員活動をせよなどということは、非合理的です。
資産家を除けば、退職後の生活に余裕のあるした高齢者か旦那さんがしっかりお給料をもらっている専業主婦くらいしか、議員になれません。

これは、被選挙権の制限ではないかと考えます。
かつて、一般市民が富裕層から奪取した被選挙権を、再度剥奪するものだと。

故に、私は、政治家に対する生活保障が必要だと考え、議員日当制には反対です。

また、議員の活動の場は、議会だけではありません。
多くの地方議員が、日常の場で、日々、活動していることは、ちゃんと議員を見ていれば、明らかです。
(というか、そうでない議員は、当選させてはいけないというかw)

清貧を甘んじて受け入れて政治を志す人と、金銭の次に名誉を良くする人を競争させるのが、議員日当制のダークサイドです。

そして、前者をこの世に求めることは、非常に困難です。
ならば、まだ、普通の人に政治の門戸を開けることこそ、民主主義の本旨ではないかと考えます。

「自らが貧しい時、他人のことを思いやれるか」
・・・とは、元・内閣官房長官の野中弘務氏が問いかけた言葉ですが、人が清貧・善意だけでは生きて行けないことを、ドライに言い表していると思います。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
 私も同感です。
 議員の本来の活動は、地域の実情を調べ、それを改善する政策を立案することです。
 地域の実情を把握すること・地方自治制度を勉強して理解すること、自分の政策を合法的に・倫理的にも認められる手段で実現するためには、どのような方法があるのか調べたり、といったことを真面目にすることを求めるなら、きちんとした報酬や議員を辞めた後の生活保障も必要です。
 議会期間中だけの日当制で良いというのは、市役所の職員の仕事は窓口で住民票を出すだけだから、もっと安くていいというような上っ面しか見ていない批判です。
 議会を「数で押し切るだけの場だ」と言って日当制を導入しようとする首長が居ますが、議会の機能を麻痺させる提案をしていること、自分で言ってることの矛盾に気がつくべきですよ。
 本来の民主政治では、市民に合理的に理解し判断できる能力があることを前提にしています。また政治家は、市民に自分の政策を説明し支持をうることで政策を実現することになっています。
 最近の日本では民主主義が衆愚政治に堕しているとしか思えないですね。
ミューラー
2010/12/21 23:50
世間は、議員が「権力」であることを見落としているのではないか?とおもいます。
金が1銭も出なくても他人を送り込める「金銭」と「ある種の情熱を持った」「団体」はいくらでもありますよ。
昔話
2010/12/22 06:22
阿久根の場合は元市議のはずの人が「議会開催日の日数の割に貰う額が多い」と主張して決めたことですし…
つまりその方はその程度のことしか議員活動していなかったのでしょう。
なんとも情けない…

それはそうと、昨日夕方の鹿児島ローカルニュースでは補選説明会に竹原氏関係者含め数名来ていたとのことでしたよ。出るかどうかは分からないですが。
立候補予定者がいないとの報道は説明会に来た人に意思を確認したのか気になりますね。

市長選には3陣営が立ちそうな話。
無職の50代の元会社員って市議選の時のように三○興産の元社員じゃあるまいな?(苦笑)
出水市民A
2010/12/22 07:29
でも、都市部と農村部では形態が変わる方が自然だな〜とかも思いますけれども。阿久根のような過疎地域で議員とはいえ16名分の議員歳費を負担するのが適正なのかどうか・・・。

また、いくら収入が確保されていても落選したらただの一般人が議員というものですから、サラリーマンが気楽に立候補できるはずも無く。
個人的には日当制で、かつ夜間のみの通年開催として誰でも気楽に議員に立候補できる環境を作りたいなぁと思っています。

当然、職員も夜間対応や休日対応が増える訳ですけれども、それはうちの得意な「自主トレ」と「1日管理職」を多用するということでwww
みかなん
2010/12/22 07:47
管理人さんです。

「ミューラー」様
すいません。
長い割りに内容の薄い、私の本文より、解りやすいです。はずかし・・・

「昔話」様
怖っ!!
数人の地元議員の顔が眼に浮かびましたよw

「出水市民A」様
その例も、結局、議員を「議会に出る人」と、見て、かつ、生活に余裕のある人の意見かな・・・と。

「みかなん」様
そして、都市・農村ハイブリッド自治体の場合、どーすんだというお話なのですが、そうなると、もう、どうしようもありません・・・(涙)。

自主トレ反対派の私としては、GWとお盆と秋の祝日連休あたりに、議会をとか思うわけですが、それだと会期が足りないなぁ・・・
12月29日から1月3日あたりは、全員、酔っ払っているだろうし・・・うーむ。
k.k.@管理人
2010/12/22 23:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
議員日当制と日常生活 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる