地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 砂川の裁判は氷山の一角なわけですが・・・

<<   作成日時 : 2010/12/08 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

北海道の砂川市で、市有地に神社があるということで、憲法の政教分離原則に絡む訴訟となっているところですが、とりあえず、札幌高裁は、「違憲であるが、改善策が提示されている」として、原告敗訴となりました。

で、このように、公有地に宗教施設が存在する例は、国内に無数にあります。
今回の事例は、非常にわかりやすい事例でしたが、調べてみて、初めて驚くような事例も多数存在します。

一番隠れて見えないのは、「無番地の宗教施設」ですかね?

すべての土地に、地番が振られているわけではありません。
通称、赤線・青線と呼ばれる里道・水路などの「長狭物」など、代表的な「無番地」ですが、稀に、「白地」と呼ばれる無番地が存在します。

これは、明治の地籍調査の際に、所有を申告した者がいなかったため、未登記となったものです。
建前上は、明治時代にいくつかの太政官布告を経て、国有地として管理されることとなっていますが、未登記であるため、登記簿上・公簿上の管理がなされていません。

つまり、所有者が、所有を認知していないというwww

まぁ、登記所で地図を見れば、「おや?」と思う程度かな?

そして、結構な数の神社、特に小さなお社などが「白地」の上に建っているわけです。
そりゃ、神社を私有地だと申告する人は、なかなか居ないわけですから。
(大概は、「△△村中」とかで、登記されていますが)

これら、白地の上に立っている神社等は、誰にも「公有地上の宗教施設」だとは気付かれず、そっと鎮座しているわけです。

個人的には、そのまま、放ってあげてくださいと願ってはいますが、厳密には、違憲状態なのかもしれません。

まぁ、神社庁が10年以上の静穏な占有を主張すれば、時効所得はできそうですが、そんな事例、あるのかなぁ・・・?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
この訴訟の厳酷団は改善案を認めずに「今後も粘り強く施設の撤去を求める」だそうです。それで地域にどういう利益があるのか・・嫌いなタイプの市民団体ですね。

それはさておき、こういう所有者の居ない白地ですが、聞いた話だと登記した者の所有になる時代もあったそうで、とある自治体の大昔の区画整理事業で換地につぐ換地を繰り返し、切った貼った押した引いた飛ばした動かしたと繰り返した挙句に白地を作り出して、ちゃっかり自分名で登記した剛なものが居たという噂を聞いたことがあります。

でも、ほんとかな〜とか都市伝説の類?とか思う訳ですけれども、どうなんでしょうねぇ・・(’’
あくまでも噂です。確認した訳では御座いません。
みかなん
2010/12/08 23:03
純粋に疑問に思ったんですけど、、、。

まぁ、”国有地は不動産登記の対象とならない”ですから、国有無番地が不動産登記されてないのは当然としても、神社のある無番地って、国有財産台帳上はどうなってるんでしょうね。神祇院(内務省の外局)のあった戦前なら別かもですけど、戦後の法体系の下では、神社は国有財産には出来ないでしょうし。うむぅ。。。
秘匿希望。
2010/12/08 23:21
管理人さんです。

「みかなん」様
誰しも、自分の正義があるわけですが、公共に定義される裁判の判例にgdgd言う人とは、私も、ちょっと、お近づきにはなりたくないですねぇ。

あと、区画整理はともかく、二線引畦畔とか、今でも、自己申告すれば、私有地にできますね。
財務局も、持ってるだけウザいみたいだし・・・

「秘匿希望。」様
私の遭遇した例では、財務局は、その土地の存在を、まったく知らなかったようですね。
ということは、台帳掲載されてなかったかと。
ただ、これが一般的な例なのか、特殊例なのかは、ちょっと、判断できませんです。
k.k.@管理人
2010/12/09 00:28
「違憲であるが、改善策が提示されている」
ってことは事情判決ってことでしょうか?
うっきょ
2010/12/09 17:00
> 土地の存在を、まったく知らなかった
知られてしまったら、非常に難儀な事になっていたでしょうね。

知られていない方が、神社(ご神体として信仰されてきたもの)にとっては、静謐が保てるだろうし。祈りを捧げてきた人々の思いも大事にできるかと。

もっとも、覚知されたのなら、法的に厳正な対応を求めるしかないし、厳正な法執行をする以外には無いのでしょうけど。
秘匿希望。
2010/12/09 17:58
管理人さんです。

「うっきょ」様
詳しい判決まで読んでいないのでアレですが、事情判決というより原因が取り除かれたと判断された。
つまり、「訴えの利益」がなくなったというところではないかと。

「秘匿希望。」様
私も、その案件は、オチがつくまでの経緯は存じ上げておりませんが・・・お見込みの通りかと考えます。
k.k.@管理人
2010/12/09 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
砂川の裁判は氷山の一角なわけですが・・・ 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる