地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS ボーナスが賞与であるという固定観念

<<   作成日時 : 2011/06/07 21:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 4

基本、公務員のボーナスの前後の時期になると、
「公務員は利益を出さないのに、ボーナスをもらえるのはおかしい」
・・・といった論調の記事が、世に出ます。

つまり、ボーナスは、利潤に対する成果報酬だという考え方ですね。

管理人としては、
頭が固いなぁ・・・
・・・なんて、思ってるわけですけどね。

経営者側の論理とすれば、ある意味、ボーナスなんて、高ければ高い方がいいとも言えます。

え?
意味が分かんないって??

んじゃ、比較してみましょう。
【ケース1】年収:500万円で給与等400万円。ボーナス100万円
【ケース2】年収:500万円で給与等300万円。ボーナス200万円


さて、あなたなら、どっちを選びますか?

どっちでも良いと答えた人は、賃金労働者思考全開ですよ。

基本、雇用者側(経営者側)にとって、月額給与は、安いに越したことはありません。

【訂正前】というのも、通常、月額給与は、定期的な支出であり、会社が負担する社会保障費の基準額となるものです。
【訂正後】かつて、月額給与は、定期的な支出であり、会社が負担する社会保障費の基準額となっていました。

また、退職金も、月額給与を基準にする会社が多いですよね。

ついでに、賞与の場合、基準日に在籍してなければ、支給しなくて良いしww

つまり、月額給与が低いほど、会社が負担する他の人件費も低くなるというわけです。
ですので、経営者側の論理としては、ケース2の思考がなされるわけです。

同じお金を従業員に支払うなら、ボーナスを混ぜ込んだほうが、絶対、お得であると。

ですので、経営的にギリギリでないか、パート・アルバイトで回している企業ではない限り、人件費削減のために、ボーナスを出そうという思考が働きます。

現実問題、各種シンクタンクの調査では、役所規模の企業を見ると、ほぼ9割がボーナスを支給しています。

また、人事院の民間給与実態調査でも、ボーナスが、固定部分+考査部分で構成されていることが、明示されています。
http://www.jinji.go.jp/kyuuyo/minn/minnhp/min22_index.htm

以上、ボーナスは利潤の再配分であるというのは、単なる思い込みだと言って良いと思います。
もっとも、その要素があることも、否定しませんが。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一時好調だったトヨタ自動車がそうでしたね。ボーナスは非常に高額だったけれども、ベースアップはとうとう最後までしなかったと記憶しています。違ったかな。

まぁ、今年もいつも通りクレームの電話などが匿名で多数くるのでしょう。そしてマスコミの少し悪意あるニュース報道なども・・。
みかなん
2011/06/07 22:45
厚生年金保険法、各共済組合法において、平成15年4月1日から、月額給与のみならず賞与も基準として保険料&給付額を決める制度に法改正が行われています。
平成15年4月1日以後の期間に対応した給付額の計算は、標準報酬額を基準とされる事になった。
*(標準報酬額=標準報酬月額+標準賞与額)となった。
*平成15年3月以前の期間に対応した給付額の計算は、標準報酬月額のみに基づいて計算される。

その背景事情の1つには、月額給与を低水準にして賞与を高水準にする事によって、従業員の年収の水準を変えずに企業の社会保険料負担を軽くするという事への対応も含まれていたと言われています。(真偽不明)
秘匿希望。
2011/06/07 22:53
前に給与担当にいた頃は、「賞与いらんから支給事務やりたくねえ!」と叫んでおりました。
普段の給与計算に加えてボーナス支給の事務。社会保険料の確認もあり、普段以上の労働時間を要し、自分の口座にお金が振り込まれるときは真っ白な灰となっていました。
賞与と言うとこんな思い出しかないワタクシです。
はげおやじ
2011/06/07 23:01
管理人さんです。

ぁ・・・
そーいや、確かに、法改正がありました。

職場で、それで、喧々諤々してたのを、さっぱり失念していました。

記事訂正せんと・・・(溜息
k.k.@管理人
2011/06/08 22:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボーナスが賞与であるという固定観念 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる