地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 公務員制度改革法案は今国会不成立か?

<<   作成日時 : 2011/07/17 00:02   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

タイトルどおりの報道が、ちらほらと流れてきました。
全国300万人少々の公務員のみなさん。
なんか、振り回されるだけ振り回されただけで、終わりそうですね・・・(苦笑)。

お給料・労働環境の関係では、現状、人事院も、例年どおりの職種別民間給与実態調査を開始していますし、このままだと、例年に準じて人事院勧告が出て、年末調整されて、云々ということになりそうです。
(人事院勧告は1ヶ月ほど遅れそうですが)

雇用側・労働側双方の、労働三権を挟んだ綱引きは、一旦、休憩といったことになりそうですが、いや、ホント、この数カ月の議論って、一体なんだったんだろう・・・onz

政治に振り回されるのは、行政側の宿命とは言え、気苦労だけが残るのは、残念なことです。はい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
個人的には給与は労使交渉で決めるのが理想とは思っているのですが・・・

しかし調べれば調べるほど、人事院の給与決定の調査の緻密さに驚かされます。
ここまで見事にバランス取るか?と感じるくらい。

「民間400万で公務員600万」などという、ミソもクソも一緒くたにした報道がゴミのようです。

労働三権を復活させないのなら、人事院勧告にまさる制度が作れるのかを教えていただきたいものです。
特に高橋某や若林某には。
無縁仏
2011/07/17 01:20
はじめまして。はじめてコメントします。

人事院勧告が廃止されても、民間準拠原則は残るようですし、改革推進本部も国公労連との会見で、民間賃金の調査は公務員庁が引き継ぐと言ってますので、今般の法案が成立すれば、その調査が労使交渉のたたき台になると予測されます。

気になるのは、その調査を実施するのが使用者機関である公務員庁という点です。無縁仏さんがおっしゃるような現状の緻密な調査は、民主党の公務員人件費2割削減という公約を阻害するものですから、改革後は事業所規模や職種、雇用形態をいじることで、調査方法を高橋・若林流に捻じ曲げてゆくのではないかと危惧しています。ですから、今回の不成立の見通しは、私は歓迎しています。まだ労使交渉の進め方について議論が足りてないと思いますね。

なお、改革推進本部と国公労連との会見記録は↓です
http://www.kokko-net.org/kokkororen/10_torikumi/t101227_2.html
等々力
2011/07/17 16:25
管理人さんです。

やはり、恐るべきは霞ヶ関、ですかね。
自治体関係の仕事ばかりをしてきた者としては、時々、そら恐ろしくなります。
同じ公務員でありながら、味方にできるものでもなく、かといって、全面的に対立するものではなし。

ならば、論理で語り合うしかないわけですが、絶対に勝てないwww

結局、今回の件の後始末も、官僚さんに押し付けられることとなるとは思いますが、まぁ、きっと理屈では、ぐうの音も出ない程度に、片付けてしまううんでしょうね。
k.k.@管理人
2011/07/17 23:48
 おはようございます。
 日経BPで吉田耕作さんという統計学者が書かれたコラム「国会議員は歳費に見合う仕事をしているか?」です。前半は公務員の置かれている状況について統計から分析されています。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110708/221373/?ST=manage
 世の中、こういう見方をするかたもいらっしゃるですね。
 ところで、イギリスの上院なんて、貴族であることが条件だったと思うのですが、これをそのまま日本に当てはめると、また大変なことになりますね。
ミューラー
2011/07/18 07:34
管理人さんです。

うむむ・・・
いいところで、有料記事になっていますね(苦笑)。
続きが気になりますが、さて、どうしよう・・・
k.k.@管理人
2011/07/18 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
公務員制度改革法案は今国会不成立か? 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる