地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 特例公債法、未だ不成立

<<   作成日時 : 2011/07/06 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 3

以前も、少し書きましたが、今年度の赤字国債の発行根拠となる、特例公債法が、未だ、成立していません。

↓ コチラから。
赤字国債が発行できないことを甘く見るなよ・・・
http://kkmmg.at.webry.info/201103/article_4.html

本来、赤字国債は発行できないわけですが、特例法で毎年1年ごとに法令で認めているのが、現在の状況。
この法律が可決されなければ、いろいろと財政上の不都合が出てきます。

いや、公共事業や官公庁の調達関係とか、別に、遅れようが行われまいが、どうでもいいです。
あと、地方公務員の給与費も、国と地方の会計が異なる以上、ほとんど影響はありません。
(地方交付税に頼り切っている自治体は保障の範囲外ですが)
何より、地方自治体には、一時借入金(地方自治法第235条の3)の制度や財政調整基金の取り崩しという、非常手段がありますので、国よりは、若干の余裕があります。

また、特殊法人・独立行政法人・国立大学法人等の政府系企業も、自己収益機能や内部留保がありますので、影響は少ないでしょう。
いえ、場合によっては皆無とさえ言えます。

年金等も、基本、特別会計で回っていること、多額の積立金があることから、そんなに心配なないと思います。

ただ、政府の仕事の中には、富の再配分(=社会保障)という大きな仕事があります。
しかし、原資が入らなければ、再配分する資産を得ることができません。

ですので、結局、予算執行不能の結果、社会的弱者から追い詰められていくことが予測されます。

一部報道では、今会期末までに成立しなければ、10−11月頃には、政府機関の予算執行に支障が出てくるとのこと。
万が一の時は、各種の基金や積立金を一時的に取り崩すなどの緊急手段が想定されますが、これは、あくまで緊急手段。
その後の対応(=余計な事務の発生)を含めて、非効率ですし、何より行わないにこしたことはありません。

誰のための政治であるかを考えれば、特例公債法の速やかな成立が待たれます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
う〜ん、生活保護とか、制度固有の積立金を持っていない福祉政策の国庫負担が支払えなくなる可能性が高いですねぇ。

年金特別会計でも、年金制度の歴史的経緯から福祉年金勘定で扱われる給付・基礎年金勘定からの20歳前障害の年金給付とか。(これら全額国費、積立金もこの目的では積み立ててない。)
あと、同会計の児童手当勘定で扱われる子ども手当(and法律上内包されている児童手当)の国庫負担分とか。。。

本当にギリギリになったら、国債の元利払いが最優先になるでしょうし。(デフォルトは起こせないだろうから。)

ってゆ〜か、子ども手当(児童手当と言うべきかな。)は10月からどうするんだろ・・・。(汗
今のまま、何も決まらずに10月になったら、児童手当法が完全復活する。すると、所得制限に伴う所得把握の問題とか支給対象者の縮小とか、被災自治体はもちろん全ての自治体が、”準備時間がぁ〜#(叫)”って事になりそう。
いや、仮に、児童手当の拡充で話が纏まったとしても、やっぱり相応の準備時間がいるわけで、、、。

民主党さんを与党第一党にしたのは、他ならぬ国民全体の政治的選択の帰結だけど、混乱が生じた場合には、個々人が”自分たち全体の政治的選択の結果責任”と受け止められるかどうか・・・。
秘匿希望。
2011/07/09 10:18
管理人さんです。

選べる自由を満喫した後は、他人任せ・・・って、ちょっと嫌ですねw
まぁ、そのクッションとして、官公庁があるような気がしないでもないですが。

まぁ、末端は、粛々と、事務をこなすだけですが。
k.k.@管理人
2011/07/09 22:48
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!
http://www.fetang.co...
2013/08/04 04:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
特例公債法、未だ不成立 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる