地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【NHK:政権交代2年】ちょっとだけボソボソと・・・

<<   作成日時 : 2011/09/17 22:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 28

さきほど、NHKスペシャルの「政権交代2年」という番組でリアルタイム意見募集を行っていました。
ええ。テロップのように、メールやFAXでの投稿意見が流れるんですがね。
ちょうど、増税問題の真っ最中ですので、それ絡みの意見ばっかり。

で、それ見てた感想。

結局、自分は負担せず、他人の負担で、なんとかしろってことだよなー。

なんか、憂鬱になりました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
何でもかんでも誰かのせいにする国民が選んでいる政治家ですから、良い政治になるはずはないですよ。
ちなみに、私は復興増税にも公務員人件費削減にも反対です。
国債を発行して、日銀に引き受けさせる(円高・デフレ対策にもなりますし)。それがダメなら数十年償還の国債で、長い時間をかけて国民全体で支払っていく。
どちらかが良いと思います。
増税は景気回復後に。
kj
2011/09/17 23:07
匿名とはいえ(匿名ですよね?)わざわざメールやFAXする労力を惜しまない方々ですから、そういう結果になるでしょうね。逆に自らの経済的な利害関係にあまり執着しない方は、わざわざ声を大にして意見する必要もないですし。。。

ただ、意識的であれ無意識的であれ自らの利害関係が先にあって、それに都合のよい政策理論へと結集するということ自体は自然なことだと思います。マルクスの「社会的存在が意識を規定する」というテーゼを引かずとも、世界史の教科書を眺めているとそんな感じで人間は歴史を動かしているなという印象です。

まあ、往々にして自分の利害自体と、それに合致した思想なり政策なりをなかなか正しく認識できないのが問題なのですね。管理人さんの憂鬱もそのような視覚から考えるとより正確になるのではないでしょうか。目先の消費増税を拒否するがゆえに、社会保障費が削減されて、低所得者にとってはより不利益な結果になってしまうとか。
等々力
2011/09/18 03:03
自己の利益を優先するのと他人に負担を押し付けることは、実際はかなり違う事なんですよね。もし一致するならば、いつも他人に負担や責任を押し付ける人間が最も利益を獲得するはずですが、これは実体験からもあり得ないと分かるでしょうし。でも政治の話題になるとこの違いが分からない人が多かったり・・・
ステート
2011/09/18 09:12
納税者であるところの国民が、公務員・公共事業・政治家への報酬を減らせと言っているのだから、減らせばいいんですよ

客が要らないと言ってるのに、無理やり押し付けて金をふんだくる悪徳商法みたいなもんだね

とにかく、民間”だけ”に負担を押しつけて、税金で食ってる連中を養うのは御免だ。

弱者が困るというが、格差はあって当然だと思う。むしろ結果の平等への政策が腐敗と停滞しか齎さなかったことをもっと反省するべきなのだ。


公務員への報酬は有権者が決める。今の法が、大幅な削減を禁じているならば、法を改正すればいい。

繰り返す。公務員の収入を決めるのは有権者だ。
革命烈士
2011/09/18 11:43
「民間」って,結構税金を食ってるんですよ。
革命さん,知ってます(笑)
ちょっと
2011/09/18 14:21
管理人さんです。

「kj」様
マクロ経済が苦手な管理人としては、日銀引き受けには、正直、及び腰ですねぇ。
知識がないので、どうしても、歴史上の恐怖のほうが、先走りますので・・・

「等々力」様、「ステート」様
そのあたりの人間心理が苦手な管理人ですので、なんともアレですが、統計派・デジタル思考派としては、どうも理解に苦しみますです。はい。

「革命烈士」様
今まで掛け違いまして、多分、初めて、貴方へのコメント返信となるかもしれませんが・・・

> とにかく、民間”だけ”に負担を押しつけて、税金で食ってる連中を養うのは御免だ。

ということは、官も民もお互いに負担を享受し、痛みを分かち合うということですよね。
増税派の官吏の管理人としては、仲間が増えて、嬉しいです。

> 公務員の収入を決めるのは有権者だ。

私も、基本、そう思いますよ。
もちろん、民主的な労使交渉を経た上でですけどね。

いや、もしかして、意外に意見が合う人かな・・・
k.k.@管理人
2011/09/18 14:36
件の人は税金について「搾取する側」と「搾取される側」に単純分化させたいのでしょう。
本当は日本人のほぼ100%といっていいほど税金の受益者なんですけどねえ。
マスコミの刷り込みがいけないのかな。「官僚が庶民から一方的に搾取して既得権の業界だけにバラまいてる」という報道ばかりしますから。

以前ある掲示板で、税金とか公務員とか公共事業とかが大嫌いという人が
「自分は税金の世話にならないよう、中学から子どもを私学に通わせ、救急車も呼ばずに自分で車を運転して病院へ行った」
なんて書いてた人を見たことがあります。

あのぉ、学校教育法で認められた学校には私学でも税金から補助が出るって知らないんでしょうか? 要は自己負担率が違うだけ。この人まさか自分の納めた授業料だけですべてまかなわれているとでも?
それと車を運転って、その道路はどうやって作ったと思ってるんでしょうか?
それと病院では、もちろん保険医療になんてかかっていませんよねえw
無縁仏
2011/09/18 20:33
その番組、視てました。

増税ってのは国民には等しく影響しますし、公務従事者だって国民である以上、家計から支出される租税公課の負担増は、民だけという事にはならないんですけどねぇ。

(租税公課の増分)>(給与所得の増分)となるのは必然な、社会・経済・人口の構造が厳然と存在してますから。

自分の財布からの公的負担が増えるのは、民間従業者も公務従事者も一緒であって、民”だけ”とか断定して口にするのは些かはばかれるなぁ。
秘匿希望。
2011/09/18 22:31
 革命劣士氏は、

> 自助努力、自己責任が大好き

なのだそうです。
 そんな氏に、市民・国民は税は不要で、公務員は公僕だから給料はいらないというような社会が実現したとして、「自助努力、自己責任」で「子供の教育も食の安全も全部自己責任でやれますか?」と言うつもりで

> 役人が税金を使って作った道路や橋を一切使わず、子供の教育も食の安全も全部自己責任でやれますか?

と問いかけたのですが、表現がまずくて意図がうまく伝わらず、

> 役人に頼るなというなら、税を取らないでください。税金を払ってる(しかも平均の3倍以上)のだから、役所のサービスや道路を使って何が悪い。

と居直られました。
 それはさておき、役人も自らの糊口をしのぐ収入があってこそ仕事ができるわけですが、その収入が多いか少ないかを論ずるとき、正規就労外の者も含めた賃金と比較して行われるならば、それは妥当とはいえず、増収賄の温床ともなるでしょう。
 こう言えば「だから公務員は」と声高に言われるでしょうが、そうではなくて、倫理観を持って自らを律することができるような能力を有する者は、そんな給料しか貰えない職には就かないということの結果に過ぎません。
 公務員を民間企業の社員に置き換えて考えてみましょう。
 「会社員なんだから、会社が潰れそうなときに給料を貰うなんてとんでもない。無給で会社が存続できるように働け」と言われて一生懸命に働く社員がいるでしょうか?
 衣食が足りただけでなく、会社(市民・国民)の為に頑張ったことに対する見返りも無くて、誰が理念だけで組織や市民・国民のために頑張るのでしょう?
SUNDAY毎日
2011/09/18 22:32
本題の投稿もしたいと思います。

その番組、少しだけ視ました。
首相の平均在任期間が361日と出て、市民が「外国から軽く見られちゃいますね」と言っていたのが違和感いっぱいでした。

首相の支持率をわずか数ヶ月でどん底まで突き落とし、次々と首相を変える原因を作っているのは気まぐれすぎる国民なのではないのでしょうか?
小泉に熱狂したと思ったら次は安倍、安倍が駄目なら民主、民主が駄目なら(小粒でしたが)みんなの党、最近では「やめるのやめた」の某K官僚を持ち上げます。
新しい人気者が出るたびにかじりつき、よく咀嚼もしないまま口から捨てて次から次へと人気者を追い求めてはそのたび失望する日本人はまさに「青い鳥症候群」です。

「他人任せ」はそうした日本人の特徴とまったくマッチしていると思います。
誰かが何とかしてくれる、でもその誰かに自分はなりたくない。自分には何の負担もないまま劇的に魔法の杖をふるって借金も帳消しにしてくれる人物の出現を願って、この無責任な押しつけ合いを繰り返すのでしょう。
無縁仏
2011/09/18 23:02
 まあ、そのインタビューに答えた人が就任当時に自死していたかは誰も知り得ないことですし、「国民」というのは実態があるようでないような・・・。
 で、マスコミなんか節操もポリシーも失ってるから、実態のない「国民」を都合よく作り上げて、それにあう素材を集めてきているわけですし。
 ところで、同じNHKですがギリシアのレポートをクローズアップ現代でしてました。
 財政再建のために年金下げたり、公務員給与下げたりしたら、想定以上に経済に悪影響が出て、さらに財政再建が難しくなったとのこと。
 まあ、当たり前の結論ですよねぇ。元々のケインズが考えた公共工事って、家計にお金を回すために、ただ配るわけにいかないから、公共工事を行ったわけで、直接家計に回る年金や公務員給与を切り下げたら、公共工事を減らす以上の悪影響があるのは自明です。
 
ミューラー
2011/09/19 00:09
>無縁仏さん
まさにおっしゃる通りだと思います。
日本では江戸時代以降の制度が非常に機能したためお上への甘えが強い国と聞いた事があります。福澤諭吉なんかは旧世代の家産官僚制(現代の依法官僚制とは別)の批判と同時に要求や理想だけ繰り返す「愚民」が多いほど「苛政」にならざるを得なくなると強烈な表現で戒めていますが、現在は消費者意識が肥大化しすぎてその手の啓蒙が意識されてないのかも・・・。
良き政治を望むなら、結局自分たちが政治の担い手になる覚悟(NPOでも政策勉強でも立候補や政治家支援でも)が必要なのは確実なんですけどね。
ステート
2011/09/19 00:40
こんな意見もありますが・・・

http://blog.goo.ne.jp/townsakae2005/e/55262b991b83f24a74249a0f132105ae
元公務員
2011/09/19 10:12
あとこんなのも・・・

公務員は嫌われたものです

http://blog.goo.ne.jp/townsakae2005/e/0c36366fce0a6093208bba7053135a88

でも↑のブログの管理人さんが書いてあるように、公務員だけが悪いわけでもなく、国民全体が弱くなったんだろうな。
元公務員
2011/09/19 10:14
この管理人氏は、「公務員だけが負担をするのはおかしい」という意見ですか。

ならばまず、「公務員だけが特権で税金を貪ること」をやめていただきたい。

天下り、官製談合については? 自らの業界の不祥事をスルーしたままでは世論の同意は得られまい。
地方公務員にも天下りはある。天下りによって給与は跳ね上がるし、定年や再就職の条件が特権的なのはおかしい。廃止すべきだ。

今では国のほうでは退職推奨が減ってきたようだが、地方でも、出世できなくても60歳まで勤めれるように運動すべきだ(それがまっとうな組合運動だし、コソコソ天下りするよりも好感をもたれるのではないか。出世できないから、同期の部下にはなりたくないからというのは、自己都合にすぎない)

また、民間の天下りは既得権業界への賄賂となっており、これらの業界を保護する費用は国民負担である。

つまり、あらゆる天下り特権が国民を搾取しているにである。

まず、公務員のなかから”反・天下り”や”不祥事への厳罰化”を提唱する運動がなければ、増税は認められない。



>ミューラー
土建屋バラマキや公務員バラマキばかりやるなら、納税者は納税が馬鹿らしくなるし、過度に非競争的になり社会主義化するだろう。”働いたら負け”とか”稼いだら負け”だ。
公共工事を多くすれば土建屋は「口を開けてれば金を放り込んで貰える」から競争せずに堕落する。
福祉を多くすれば働かなくなる。

なにより、コジキ国家のクズどもにばら撒けば、金を出してるドイツ人は激怒するよ。

日本で言えば、「生活保護を受給しながらパチンコしている」状態。
革命烈士
2011/09/19 11:36

経済”だけ”から言えば、生保などの寄生虫に金をばら撒くべきなのだが、”正義”に反すると、世論はそれを禁止するでしょうな。

ケインズ社会主義キチガイどもは、”公平性”について、考えてみるといい。”働いたら負け”は、再分配論者の最大の欠点であり、周期的に共和党のような主張が盛り返す原因でもある。
革命烈士
2011/09/19 11:37
また革命さんですか。

地方の天下りなんかほとんどないよ。
県の部長クラスでも再就職先がないからみんな定年まで勤め上げてますよ。
そりゃ完全にないかといわれればそうではないが、いわゆる天下りの範疇の人はせいぜい10人もいないヒトケタ。
あとほとんどの退職者は再就職先は自力で探すか、ないのが実情。

革命烈士さんは、昔の天下りのイメージを持ちすぎなんじゃない?今は全然そうじゃないけどね。
東京都はしらんが。
田舎役人
2011/09/19 14:13
ん?
ケインズ氏は、生産設備の国有化等は主張してなかったような記憶があるんだけど、氏の論法を社会主義と呼ぶのは違和感があるなぁ。
ケインズ氏の理論を社会主義なんて言ってしまうと、少なくとも、ホントの社会主義に叱られる気がする。(ボソッ
--
私は”官製談合”ってのには、反対だけど。
ところで、”官製談合の受益者って、公務員と言うより、寧ろ談合に加わった業者&その従業者(=納税者・国民)”のような気がするんだけどなぁ。
彼ら(及び関係する部材メーカー等彼らの取引関係者含む)の所得の原資に回る訳で、損するのも得するのも民間の納税者のような気がするんだけど。※公務従事者も納税者だけどな。(ボソッ
--
え〜、何をもって”土建屋バラマキ”と定義するのかは難しいけど、そうした「建設業界の従業者も納税者」であることは間違いなく、単に「納税者」と一括りにしてしまうのはなぁ。(ボソッ
秘匿希望。
2011/09/19 14:40
結局、基礎となる情報を共有した上で議論しないと意味がないのに、情報の作り方または出自を問題にしているところが問題なのでしょうか?まぁ、あまりにも幅の広い議論で情報量も半端じゃないから、議論がかみ合うレベルまで情報を整理するのは難しいでしょうが。

たとえば
http://blog.goo.ne.jp/townsakae2005/e/55262b991b83f24a74249a0f132105ae
の記事内で、ある人材派遣会社の社長がとある地方公共団体の勤務評定を行った結果、最高が52点、平均は36点だったとありました。50点でリストラ対象とのことですからかなり成績の悪いことになります。でも評価方法として妥当でしょうか。そもそも大半がリストラ対象となるような組織は、組織として成り立たないような気がしますが、その地方公共団体は維持されているのですよね。測定方法がわかりませんので何とも言えませんが、ものさしが違っているのではと疑念を持ちます。90点以上だとすぐに独立開業可能な優秀な人材とのことですが、公務員に必要な技量が独立開業で測れるような気がしません。

もうひとつ
上の方で革命烈士さんがおっしゃる地方公務員の天下りも、中にはあるかもしれませんが、私は見聞きしたことがありません。どうして存在しないことが、課題としてあげられるのか。ついでながら、「定年や再就職の条件が特権的」というのは具体的にどういうことなのかわかりませんが、給与のことだとすれば、少なくとも定年後の再就職で、ほとんどの地方公務員の給与は2分の1から3分の1くらいになっていると思いますが。(すいませんデータを示せなくて、ただ私の周りでの事例です)
ある地方公務員
2011/09/19 15:33
>革命烈士さん
前にも記事検索を掛けて相手側の考えを調べるべきだと言った筈ですが、この様子だと人の話に耳を傾けてないようですね。一つ言っておくと、公務員側は一部のエリートを除き天下りの廃止には以前から“提唱”してますよ。理由はご自身で探してみてください。
不祥事の厳罰化は法治国家の原則「法の下の平等」に反します。あくまで日本や諸外国では公務員のみ規制する範囲がある(身分犯)だけであって、公務員だけ特別に厳罰化する国は存在しません。不祥事を減らすなら費用をかけて各業務の公表・保存等を進めた方がよっぽど健全です。
それと、人生で培った経験や人脈を活用して仕事を選ぶ権利(職業選択の自由)は公務員含む全国民に憲法で保障されています。官民問わず全ての天下りを否定的に見て規制を示唆するなら口でどう言おうが自己責任論者or資本主義者ではありえませんよ?{あえて言うなら無政府主義(福祉最小化)的な共産主義(労働権原則制限)}

革命烈士さんはまず自己責任の原理と利点欠点をもう一度認識し直すべきではないでしょうか?
ステート
2011/09/19 15:47
訂正・下から3行目
×(労働権原則制限)
○(自由権原則制限)
ステート
2011/09/19 16:08
確かに、公務員制度改革とか、天下り問題とか、基本的にキャリア層だけに意識が向いてる論者(識者)って、結構居られるような気がします。
比率的には、ノンキャリア層が圧倒的多数なのですけど、ノンキャリア層には、あまり焦点があたって無いように見える気がしないでもありません。

基本的に大多数のノンキャリア層(職員団体の主たる構成層)にとっては、”天下り慣行”は、縁が無くて寧ろ非難すべき対象とみなされている(みなされてきた)側面があるのも事実のようです。
多くの場合は、ハロワ等の手段によって、自力で再就職先を探しますからね。国民(住民)からの批判に直接向き合うのは、多くの場合(全く縁が無くて手も出せない)ノンキャリア層ですから、そうしたノンキャリア層の意識が奈辺にあるのかは、気になるところです。
秘匿希望。
2011/09/19 18:38
 ケインズ主義を社会主義という人は始めてみましたねぇ。
 まあ、大恐慌とソビエト体制の圧力を受けて、資本主義体制の延命を図るため、ある程度「社会主義」の影響を受けているから、新古典主義とかからみたら社会主義的ではあると思いますが。
 まあ、某氏はティーパーティみたいなこと言ってるだけなので、そこまで見据えているのかわかりませんが。
 ちなみにネットでよく見かけるような、労働者の待遇を悪くすれば、景気が良くなる式の主張は、欧州では19世紀中頃には非主流派になってますよね。
 あちらの文化では、かえって上流階級が労働者階級の待遇改善に取り組む傾向があり、下層中産階級が労働者階級を敵視する傾向がありました。
ミューラー
2011/09/19 19:49
 それと、ケインズ主義はばらまきとは違いますよ。
 それに談合とも関係ありません。
 特殊な事例で、全体を決めつけるのはどうかと思いますがね。
 ついでに、高福祉国家である北欧が、うまくいってるのはどう考えるんでしょうかね。
ミューラー
2011/09/19 19:51
官製談合ももはやなりたちませんけどね。
なにせ入札は電子入札。
最低落札価格も予定価格も事前公表だから、みんな最低価格でコンピューターのくじ引き。だから土木なんかもう儲からない仕事なんだよ。

そうそう、それと素朴なギモンなんだけど、国の所管団体等のトップ人事を従来のいわゆる天下り人事をやめて民間から登用することがブームになっているけど、何で税金で「民間企業からの天下り」をせにゃいかんのだ?
田舎役人
2011/09/19 23:16
管理人さんです。

コメント読んでて決めました。
次回、本日のネタは、「天下り」を肯定してみます(ちょw

あと20分しかないけど書けるかな。
邪道記事ww
k.k.@管理人
2011/09/19 23:51
公務員同士で結婚すると特に批判の矛先が向くようにおもえるのですが、必ず片方がやめろとか言う論理になります。単なる職場結婚若しくはたまたま相手が公務員だったが故に批判されるのはものすごい歯がゆいのですが、なんなんでしょう。いつも、不思議に思います。
夫婦共働き
2011/09/20 23:55
管理人さんです。

↓昔、そんな記事も書きましたねぇ・・・(遠い目
http://kkmmg.at.webry.info/200804/article_8.html
http://kkmmg.at.webry.info/201009/article_3.html
k.k.@管理人
2011/09/21 07:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
【NHK:政権交代2年】ちょっとだけボソボソと・・・ 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる