地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【接待】立場が変われば、善悪の見方も変わる

<<   作成日時 : 2011/10/05 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 9

いや、知人(40代の奥様)が、「先週、ダンナとゴルフに行ってきたの〜。もちろん、会社の接待で〜」と、言っていたのですが、ちょっと、ネタにしてしまいました。
ちなみに、この方の旦那様は、それなりに有名なフランチャイズの偉い人で、今回は、「接待する側」だったそうです。

私の身内にも、事業所の経営者が何人かいますので、別に、野暮なことを言うつもりもありませんが、こーいうのに、役所の人が絡んでたら、新聞沙汰なんでしょうね〜。

民間の事業所であれば、これ、会社の経費で落ちる交際費、つまり「正当業務行為」ですが、官公庁が絡むと、さてww

羨む気持ちは微塵もありませんが、立場が変われば、善悪の見方も変わる。
世の中というものは、つくづく面白いものだと思います。

で、つい、冒頭の彼女に、ふざけて言ってしまいました。

私 「ゴルフの後の飲み会も、経費で落とすの?」

奥様 「うん。ダンナとデートみたいなもんだけど♪」

役所思考では、民間事業所の思考など、絶対に計れないものだと再認識しました。
ぁ。あと、恋する奥様の思考も。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私は地方公務員です。
同僚の配偶者が個人医院の看護師です。忘年会で会費を払ったことがないそうです。全て医療機器納入業者が支払うそうです。公務員ならあり得ないですね。
もう一つ。
私の妻は民間に勤務しています。総合職は転勤が当たり前の職場です。赴任地での住宅の賃貸は全て会社負担です。全国転勤が当たり前の人に限りますが、朝霞の宿舎に住んでもいいと思います。もしくは個人負担をもっと少なくして民間借上げアパートもありかな。地方公務員はなくていいけど。
まー
2011/10/05 23:38
個別の事情はさておいて、最近は税務署の交際費の扱いもシビアになってると聞きます。企業統治も厳化(なんちゃら倫理規定とか)してますから、交際費・役得の類には昔よりはあんま旨みもなくなっているように思えます。私企業の官庁化とでもいいますか。

原則論から確認すると、公務員が出入りの業者から贈与を受けていかんのは、ずばり公務が国民から付託されたもので、役人の私業ではないというところに由来しています。で、私企業でも経営と所有の分離や企業の大規模化(=社会的責任の増大)進んだ昨今では、会社の資産や取引関係を利用して従業員が個人的な利益を得るのは、刑事云々は別として、倫理的にやや疑問です。

所有者≒経営者のごとき小さい会社同士の取引なら別にという感じですが、下請け―元請間のそれは、注意深くあってほしいところです。これは使用者―労働者の関係にも通じるものがあるように思います。
等々力
2011/10/06 00:30
接待にしても、お歳暮・お中元にしても、お金を受け取る側が支払う側に支払うものです。そしてだいたい、仕事についての正当な対価であるにもかかわらずお金を受け取る側(接待をする側)は、平身低頭です。接待ゴルフでもマージャンでも、カラオケでも、接待する側は負けなければなりません。
10万円単位でなに言うかは別として、市民も、俺たちの税金で公務員に仕事をさせてあげているのに、なぜ公務員は頭を下げない、接待をしない、という意識があるようなので、せめて平身低頭せよという意識もむべなるかなと思います。「市民はお客さん」って、そんな人にぴったりですよね。
地方交付税を配っていると誤解しているZ省も、地方自治体に対して頭が高いといわんばかりなのも、同様の思考経路なんでしょう。

自分の肉親で発注するほうが多い側の人間がいましたが、定年になって、もらう年賀状が激減したり、「ねえ、ゴルフ行こうよ」とさそっても断られるということに慣れるまでがたいへんだった、とこぼしています。
g@yyt
2011/10/06 10:03
「国や役所は、民間からの税金により運営されている」「民間は自社の儲けの中から好きにやっているだけ」

その違い、どうなのでしょうね・・。
なんてことも、ビミョーに思います。微妙に。

もちろん、過度なバッシングには厳しく対応しますが。
一応同業者
2011/10/06 21:01
>「民間は自社の儲けの中から好きにやっているだけ」
ただどうなんでしょうね。実際に間接的にでも公的な恩恵をまったく受けずに事業が成功するかと聞かれたら、それはないだろうと思いますけど。

朝霞の宿舎の問題をやたら叩いているマスコミが、自社の住宅手当がどれだけかと思って調べてみたんですが、明らかにしていないところが多いですね。
唯一分かったのが朝日新聞で最高9万円。ちなみに国家公務員は2万7千円でした。
「朝霞の宿舎建設はやめる。都内に通う公務員には今までの2万7千から9万まで補助を上乗せする」
と言ったらマスコミはどう反応するんでしょうね。

・・・・と意地悪なことを書いてみる(笑)。
無縁仏
2011/10/06 21:17
管理人さんです。

基本、なんでも、何かの基準をもって比較しないと、話は進みません。
公務員の中の特殊例をもって民間と比較することも、逆にまた、民間の中の特殊例をもって公務員と比較することも誤りだと思います。

と、本題とは関係ないことを、コメント欄に書いてしまった。
反省・・・
k.k.@管理人
2011/10/06 23:13
管理人さん・無縁仏さん、コメントありがとうございます。

民間企業勤務の友人と国家公務員宿舎の話になったときに、「税金で運営されている以上、企業とは違うだろ」と言われたので。
もっとも、私の友人本人がそう思っているのか、納税者(?)から非難があっても仕方ないだろうという話なのか、はっきり分からなかった部分があるのですが・・。

まあ、その友人も「転勤先住居の費用は8割会社負担(上限なし)」という企業で勤務しています。
任地までの引越し費用まで出たとか。

私も自分の実家が「経費」で高級車を買ったり高給料亭に行ったりしていたクチなので、
「企業は自分の儲けで何やってもいい」というのは間違いだと思うのですがね。
税金払えよ、って。

一応同業者
2011/10/07 06:49
隣の芝生は青いというかなんというか。

>>「企業は自分の儲けで何やってもいい」というのは間違い
ということにはなっているです。税務でいっても、営業活動に関係しない「交際費」は損金算入されません(原則)。また、「経費」と目されるものでも、それを大きく上回る収入がないかぎり、外部監査でも株主総会でも追及がまっています。
ただ、高級車は営業活動必要な経費として税務署も株主総会でも認められています。大会社の社長が10年物の軽自動車では社格にかかわりますし、高級スーツと弊衣破帽でどっちが仕事がとれるかは明らかですよね。
むろん、自営業者等で、自家用に使用した場合は、ガソリン代もふくめ按分することになっています。
→この按分をしていないとか、「交際費」なのに「営業費」として支出するのは違法行為です。ヤミ超勤とかヤミ手当と同様批判されてしかるべきですが、そんなものないでしょ、と公務員の方が反論されるように、自営業者だって、正確に仕訳しているよという反論が待っています。それに、2期連続赤字をつけると、銀行融資がとまります。経費を水増しするメリットはあまりありません。
なお脱線ですが、国保の滞納をする方であっても税は完納されてますよね。これ、税の滞納は取引停止、新規取引参入できないなどの、民々のハードルがあるからです(入札できないだけではありません。)。税まで滞納というのは、かなりの営業不振という状況です。
g@yyt
2011/10/07 10:29
贈収賄の話ではないのですが、以前面白い話を聞かされたことがあるので紹介します。

その人は気象庁職員(国家公務員)の奥様でして、旦那の職業を聞かれて「気象台に勤めています」というと「盆も正月もないんでしょう、大変ですねえ」と返されるのに、「公務員です」というと「安定していてうらやましいですわ」と返ってくるそうです(笑)。

業種を言えば大変だとわかるのに、公務員という身分だけだと楽で安定してるって世の中は思っちゃうようです。
無縁仏
2011/10/08 23:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
【接待】立場が変われば、善悪の見方も変わる 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる