地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日からハンティング

<<   作成日時 : 2011/11/15 23:13   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

毎年、書いていますが、本日、11月15日の夜明けをもって、今期の猟期がはじまりました。
期間は来年、2月15日の日没までです。
基本、鳥獣保護エリア以外では、鉄砲は不可でも、罠等の利用ができますので、近郊都市より田舎なまちに住んでいるみなさんは、十分にご注意ください。

いや、真面目な話、毎年、猟期には、死亡事故を含む大事故が必ず発生しています。
しかし、猟期がないと、人間は野生と対峙することができません。
特に、イノシシやシカといった有害鳥獣を一定、駆除し、農産物やその生産区域を守るために、猟期は必ず必要なものとなりつつあります。

いや、ホント、農家には、大変な問題なんですよ。

でも、そんなコトで、命を落としては、何にもなりません。
ハンターのみなさんも、猟場の周辺のみなさんも、十分、注意してくださいね。

ちなみに、私は、イノシシより、シカのほうが好きです。
特に、スモークなんてもう、お酒のアテには最高です。
やめられませんです。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
例年のように、また事故は起きるのでしょうね。
最近は色々な場面で、人として基礎レベルの注意力や考察力が身についていない者をよく見かけます。この世界も例外ではないのでしょう。

そういえば北海道で誤射で射殺された事故は解決したのでしょうかね。なんか報道だけを見ていると事故ではなく、事件のような気もしましたけれども。
みかなん
2011/11/17 23:57
管理人さんです。

またくもって、ライフルの使用時には、多重の安全買う任が必要かと存じます。
というか、ライフルなんて効率の悪いものを使わずに、罠の利用を進めるのが、私の持論ですが。

北海道の事件は、存じ上げておりませんが、誤射で射殺してしまった人が、直後にライフル自殺とかいうのも、ありましたっけ。
絶対、ダメですよ・・・
k.k.@管理人
2011/11/18 23:42
もう結構時間がたつので記事が消えて来ていますが・・、
これと
http://mainichi.jp/life/food/nouandsyoku/archive/news/2011/02/20110218ddlk01040180000c.html
これかな
http://huntingnet.blog55.fc2.com/blog-entry-934.html

今まで読んだ記事をかいつまむと、
1、伐採作業をしていた作業員を
2、車から降りずに窓から打って誤射(射殺)
3、打った対象を確認せずに放置して
4、そのまま立ち去り出頭せず
5、その時間に周辺でオレンジジャケット2人組目撃
という感じでしょうかねぇ。

どうも謝って打ったと信じきれないのですよ。
みかなん
2011/11/18 23:57
市町村で有害鳥獣担当している私としては、猟期に入るとホッとします(狩猟の担当は都道府県)。実は猟期の方が銃による事故は起こりにくいとされてます。落葉や下草・雑木が枯れ見通しが効く、雪が積もれば足跡で判断できる、ハイカーや渓流釣りも少ない等。
 猟期以外は有害鳥獣駆除の許可を出して猟友会にお願いするのですが、夏場なんか事故が起こらないか正直怖いです。京都の福知山であった誤射したあと、自殺された事故は夏場です。家族の方が何名か後追い自殺されたとのうわさも耳にしてます。
 で、管理人さんの言われるように最近は銃よりワナの流れです。しかし、人里近くにワナを設置すると鳥獣を引き寄せる効果もあるわけで…、逆に猟犬入れて銃を使えば追い払いの効果があるんですね。ちなみにライフルについては、銃免許を取り10年以上散弾銃を所持しないと許可されません。
 北海道の場合ヒグマもいるわけでライフル所持率は高そうです(散弾では歯がたたない)。スコープの装着率も高いようなので、みなかんさんの言われるように単純な誤射の可能性は低いかもしれません。
 で、私らの地域は、猟の対象が主にイノシシなので、猟師さんもシカは嫌がります(さばいても売れない)。なので比較的シカ肉は手に入れやすいです。とは言え1頭丸々渡されて「自分でさばいてね!」って言われますが…
いまそかり
2011/11/19 09:15
管理人さんです。

「みかなん」様
それ・・・問題外ですね。
狩猟に関わる者として、ちょっと、許せません。

「いまそかり」様
当方の地方では、ヌタ場or獣道にワイヤートラップが主流ですので、基本、撒き餌は使いませんねぇ。
唯一の例外が、アライグマ。
チキンラーメンを仕掛けると、一発です。

シカの食害は、やはり、どこでも深刻なようです。
安定供給できないと、市場価値もないですしねぇ・・・
ウチは、カレーとスモークにしちゃしますが、正直、解体が面倒なパーツは、埋めちゃっています。
(タヌキのエサになっているようですが)

ちなみに、余談ですが、ヌートリアって、おいしいとかなんとか。
k.k.@管理人
2011/11/19 22:30
うちも有害駆除はくくり罠のみなんですが、猟師さんの腕の差がモロに出ますね〜。くくり罠でも撒き餌する人がいたりして、何のために箱わな禁止にしているんだか…。

シカ肉は生姜を効かせて、しぐれ煮なんかもいいですね。フードプロセッサーでひき肉にしてハンバーグなんてのもおすすめです。

アライグマにチキンラーメン、うちでも試したのですが、いまいちでした。個体差による好き嫌いが結構あるようです。キャラメルコーンやピーナツバターなんかも効果が高いようです。

で、アライグマやヌートリアなどの外来種については、専門に研究されている方も少なく、どのような病気を持っているかも分からないので、できれば食べない方が無難だと思います。愛誤団体からクレームが来る可能性も…特に兵庫県にあるクマさん大好き愛誤団体には十分に注意が必要です。
いまそかり
2011/11/20 16:39
管理人さんです。

> 食べない方が無難

激しく同感です。
なんで、あんなもん食べる気になったのか・・・
喰った連中に聞いても、笑うばかりですが。
k.k.@管理人
2011/11/21 03:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日からハンティング 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる