地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 公共工事の矛盾

<<   作成日時 : 2011/11/21 03:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 9

先日、十数年ぶりに、公共土木事業の歩掛りを組みました。
いわゆる工事設計ですね。

ざっくり言うと、各種の資材費や人件費の総合計(直接工事費)に、共通仮設費、現場管理費、一般管理費などの諸経費を乗じて、その工事に必要な価格を試算し、その価格を参考価格に、入札が行われるわけです。

以下、細かくは書けないので、更にざっくりで書きますね。

で、大体、その金額の7割前後(その時々によって異なる)が、「最低制限価格」となります。
これを下回ると、「十分に品質・安全性を確保できない工事」とみなされ、失格となります。

昔は、積算価格の98%とか97%とかで落札され、談合だとかそうでないとか、いろいろありましたが、最近では、工事の取り合いで戦国時代モード。
最低制限価格を見極めあって、そのラインにギリギリで収まるように、最低制限価格+1%とか2%での落札が増えてきています。
もちろん、−1%や−2%で失格する業者もいるわけです、もはや近似値あてゲーム(ぉい。

で、役所側の歩掛りで、いつも疑問に思っているのですが、資材の市場価格って、基本、無茶苦茶なんですよね(苦笑)。
一応、市場調査とか、行われていますので、その平均的な価格を基本にしますが、(部材にもよりますが)業者がその気になれば、とんでもなく安価で、仕入れを行ってきます。
もちろん、同じ品質で。
また、諸経費にしても、工事によって基準が変わりますが、最大で直接工事費の80%弱になります。
このあたりは、業者の企業努力で、いくらでも小さくできます。

つまり、積算価格の7割なんて足切りライン、高すぎて、意味がないんですよね。

なので、わざわざ「根拠を持って」積算して、入札して、高い工事費を払うよりは、複数の業者にガチで見積もらせて、安全性を担保したうえで、随意契約したほうが、安くつくんじゃないかと。

実際、私の経験で、700万円の工事が500万円程度で落札されたのですが、事前に、入札と関係のない業者と話をする中で、「ウチなら300万あればできる」とか「400万あれば、そりゃ、いいモノを作ってみますぜ」とか、そんなお話が、チラホラ。

そりゃ、もちろん、安ければ良いというものではありません。
価格というものは、必要な経費に適正な利潤が上乗せされて、はじめて、社会経済を動かすものとなります。
利潤のない価格・適正利潤を下回る価格は、市場経済全体にとって、良いものではなく、むしろ悪影響を及ぼすものです。

ですので、現況のシステムこそが正解なのかもしれません。

しかし、現在の公共工事の発注の論理は、「根拠を持つ」ことにこだわりすぎて、実際の社会経済との間に、大きすぎる乖離を持っているような気もしてなりません。

このあたり、正解はないのかもしれませんが、常に、心の底でモヤモヤしています。はい。

【以下、おまけ】
え?
安すぎると、手抜き工事が怖いって??

はっきり言いますが、安いから手抜き工事が起こるなんてことはありません。
高くても、欲が出れば手抜き工事をして、その差額を儲けようとするわけですから。
だから、公共工事って、役所の人が工事現場に日参して、業者さんの怪しい行動を見張っているわけで(以下略

監督職員 「そこ、設計と違う!やり直しぃいい!!」

何にせよ、
「売り手よし、買い手よし、世間よし」
・・・と、近江商人な精神は、官公庁の中に居ても、常々、忘れないようにしたいものです。
最近では、デフレでお金を出すほうの意識ばかりが強くなって、ホント、ウザいです。はい。(何の話だww)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
私は今、入札を執行するほうですが、公共工事の入札はほんとに難しいです。
今は、予定価格が事前に公表されるのが大半なので、それから想定して最低制限価格を積算するため、工事によってはズバリわかってしまいます。
仕事の欲しい会社は最低制限価格で札を入れるため、入札をやっているのかくじ引きをやっているのか良くわからないことも結構あるようです。

予定価格を事後公表する工事で、最低制限価格ではなく、調査基準価格を設定している場合、1者を残して全て調査基準価格以下になり、失格扱いで、結局一番高いところが落札している例もあります。

入札についは、どこも手探りで、試行錯誤の連続じゃないんですかね。期待された総合評価落札方式についても、すでに限界が見えてきています。

透明性、公平性、客観性を確保した上で、良い工事をより安く。
目標は明確ですが、実際に行うのは不可能では無いでしょうかね。
mon-nashi
2011/11/21 06:18
資材費よりも、業者は人件費(性格には下請け単価)をカットして低価格入札を行ってきたわけで、人件費攻撃は公務員攻撃ばかりではないですね。で、下請けさんは、そんな低価格でもこれまでは手抜きをせずに受注をしてきた結果、建設業界でも若手(技術者も現場も)が集まらないほか、業態全体が低迷しています(公共事業の縮減ばかりではないはずです)。
同様に、公務員職場でも正規を非正規・臨職に置き換えてきているわけで、しばらくは、これまでのモラルでいけそうですが、だんだんと。。。。
だからこそ、現場監督の監理というよりも、公契約法や条例など労働条件の外側のほうがよろしいかと考えております。
g@yyt
2011/11/21 10:50

飲食や小売りは市場原理放置なのに、公共事業や運輸はガチガチに価格統制やってるのが不思議でしょうがない。組織票の力ですかね(笑)

仰る通り、価格競争のせいで手抜きや事故が起きるわけではない(その理屈なら、庶民が行くような低価格飲食業は食中毒の巣窟になるはず)。

以前、どっかの都市で、個人タクシーの初乗り価格が「不当廉価」として値上げを命令されましたが、実際は初乗りが高い同業者よりも利益を上げていたとのこと。ちゃんちゃらおかしい話だ。
革命烈士
2011/11/21 15:39
私は設計は組みますが、契約担当ではないので詳細は不明ですが、我が社では指名競争を止めた数年前から、落札するものの契約辞退が激増してますけど…
おかげさまで仕事が非常に増えています(笑)
国家公務員
2011/11/21 20:08
 飲食店や小売りは、価格を自分で決められるし、お客を選ぶこともできます。
 公共事業は価格決定権がお客(役所)にありますから、その例えはどうかと思いますね。お客が値段で決めると宣言したら、仕事を獲得しようとすると安値しかなくなるわけで。
 公共事業に問題ありというのはその通りですね。
cofeezou
2011/11/21 22:27
>>庶民が行くような低価格飲食業は食中毒の巣窟になる
高額納税者の革命烈士さまはご利用になってらっしゃらないと思いますが、低価格料飲業のお店は、名の知れた全国チェーン店ほど「店内改装のため臨時休業」をかなりの頻度で行っていますよ。

あと、タクシーについては、私の友人はタクシー運転手が運転中に気を失い、4人で乗っていたのでたまたま助手席にいたものがブレーキをふめたからよかったものの(運転手さんは絶命でしたが)、みんなで心中しそうな経験をしています。その彼は以後、個人タクシーにも、京都のなんとかさんをはじめ安売りを売りモノにする会社のタクシーには乗りません。

このあたり、お互いに競争社会の敗者なわけですから、革命烈士様のような勝ち組のかたには関係ないはずのお話でした。
g@yyt
2011/11/21 22:32
あと、つまらないことですが、さいきんの100円ショップや卸直営問屋みたいなのがでてきて、さまざまな安売り商品があります。衣料品などはけっこう品質の差がわかりますし、文房具はたとえばノートなどはページ数を減らしていますね。これらは、100円でうっても利益をうるための涙ぐるしい努力だと思います。勝ち組で高額納税者の革命烈士様には共感していただけないと思いますが。
私自身わからないのが清涼飲料水で、だいたい1本39円です。自動販売機の120円とは味が違うとは思いがたく、市場で取引しているふりをしてこれまでばくだいな独占的利益を上げてきた、日本コカ○○○さんとかサン○○○さんとか、キリン○○○○○さんとかにも、強烈な批判を声を上げていただきたいものです。

まあ、高額納税者を自任される革命烈士様は、100円ショップにもユニ○○にも行かれないのでしょうけれど。
g@yyt
2011/11/21 22:44
g@yytさん

いえいえ、私は安売りの庶民店に行きますよ。
新自由主義者を自認していますので、競争している店を応援します。

例えば、イオンができるから商店街が怒っている、ユニクロやしまむらができるから服屋が怒っている、qbができるから床屋が(以下略)

…という話を聞くと、私は必ずイオン・ユニクロ・QBに行きますね。

市場競争を拒否する商店街では買い物しません。ボイコットしております。
革命烈士
2011/11/22 08:09
最近の革命烈士さんは、中の人が変わっていませんか?
R@K
2011/11/22 14:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
公共工事の矛盾 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる