地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS こくどう・けんどう・なっとくいかんどう

<<   作成日時 : 2011/11/23 20:33   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 13

ちょっと仕事で、隣まちの隣まちまで行ってきました。
休日につき、面倒なので、自分の車で。

で、普通に行くと、1時間はかかるのですが、いわゆる、酷道(こくどう)、険道(けんどう)の類を通って行くと、通常の3倍・・・じゃなくて、通常の1/3の時間で到着するわけです。

行き帰りで、自転車1台、乗用車1台とすれ違っただけでしたが、そーいう道なので、しっかり車酔いしてしまいました。自分の運転なのに・・・onz

そんな道なのに、なんで、国や都道府県が管轄するのかという疑問もないではありませんが、基本、複数の自治体を連絡する主要幹線道路は、国や都道府県が管理するのがお約束。

確かにその道路も、主要な国道から国道へと、複数の自治体を串刺し通過して走っていますので、まぁ、国や都道府県が管理するのもわかるのですが、通行量もそんなものだし、年に数ヶ月は、がけ崩れで、閉鎖されてるし、悪天候があると、速攻、閉鎖されるし、なんとも納得が行きません。

災害対策には、そのような広域幹線が必要だとも思いつつ、何か災害があると、真っ先に、閉鎖されそうだし。

ただ、市町村が管理することとなると、まぁ、もっと酷いことになるというのは、想像もできたりして、なんとも微妙なものです。

ちなみに、私の愛車は、オフロード四駆で、結構、飛ばしていたはずですが、後ろから、モミジマークのおじいちゃんの乗った、普通の軽乗用車(多分、日産のモコ)の追撃を喰らいまして、速攻、車を対向エリアの路肩に寄せて、追い越していただきました。

地元ピープル、恐るべし・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
本題とずれるのですが、建物は減築や廃止を時々聞くこともあります。道路などのインフラって縮小経済の中でどうやっていくのが良いのでしょうか。通した道や橋をやめるのはいくら合理性あっても難しい気がします。とある電力会社の話、集落がなくなって1つ残った倉庫の電球のためだけに長大な送電網を維持できなくて、倉庫の持ち主に発電機をお渡しして送電止めたそうです。
Ackin
2011/11/23 22:50
管理人さんです。

そのあたり、基本、下位の行政組織への移管というのが、オチではないかと。
国道が都道府県道や市町村道に格下げされる例は、結構あります。
まぁ、この場合は、新たなバイパス道路を作る約束で・・・ってのが多いですが。

市町村道ともなると、実際には人が通っていない獣道みたいなのもあります。
んで、市町村道の場合、ホントに通らない道は、地元も、まぁ、仕方ないかと、理解しているので、結構、放置プレイな道は多いですよ。
究極は、市町村道の指定を外して、里道にまで格下げ(以下略
k.k.@管理人
2011/11/23 23:34
早速のお返事ありがとうございます。
ですが、仕方ないと地元が理解してもらえるものしか使えない手ですよね。完成時すら本四間に3橋も要らなかったかもしれないんですが、50年たったので2つに減らそうかなど、絶対できないと思う
Ackin
2011/11/24 07:22
国道って言えば階段国道なんていうのも在りますよね。
コレを迂回する道があるのに、指定されている。
地元の地域起しの為か解除されたくないというのも在りそうですが。

納得行かないと言えば、近所の道(町道)ですが、どう見ても個人宅の玄関口へと行く私道に見えるのに、
何故かコレが町道指定されてたりします。周りに迂回する道があるのにです。
案の定、近所の人(私も含め)この町道を通りません。

指定の基準は何でしょうね。
山野
2011/11/24 12:52
> どう見ても個人宅の玄関口へと行く私道に見えるのに、何故かコレが町道指定されてたりします。周りに迂回する道があるのにです。
> 案の定、近所の人(私も含め)この町道を通りません。

 うちの近所にもあります。と、言うより我が家への取り合い道も2軒で利用していますが同じ形態です。
 そのような道は、よく見ると家のすぐそばに里道がありませんか?昔は徒歩での往来は家から家への最短距離で行っておりましたが、車社会の時代になり市町村道が整備されてくると、里道の存在が忘れられて、あたかも屋敷に付属する通路や畦畔と勘違いされるようになったのです。
 そして、新たに整備された市町村道から各家々に通じる道路も車が通行できるように整備された結果、その家に行くための専用道路のように見えるのです。
 このような「専用道路」が修繕を要するようになったとき、実際にあった話ですが、事情を知らない役場職員がくると「私道の整備は個人でしてください」となります。
 むろん、「自分しか使わない道路だから」と私費で修繕される方もおられますが……
SUNDAY毎日
2011/11/24 13:45
そのような国道であれば、じっさいの管理は都道府県が行っているのではなかったかと。また、市町村でも、政令市だとか大都会ではけっこう国道や県道の管理も行っているようですが。。

人口減と社会資本整備
ソースを探しきれなかったのですが、「6全総」を議論していた頃の国土審議会(の分科会)の報告(原案)では、現に供用している道路や橋梁の廃止こそさすがにでなかったものの、維持・更新をしないことで事実上廃止させるという文脈をみた記憶があります。


g@yyt
2011/11/24 14:07
 >SUNDAY毎日さん

 法務局の登記簿を見ると、「赤道」「青線」とかいわれる明治初期の頃の道路や水路等の痕跡がわかりますね。
 書き込まれているような里道などが使われなくなって、草に埋もれてしまったりして、いつの間にか隣家の敷地として使われている事例が良くあるようです。
 不動産の広告で「敷地内に水路あり、○○に払い下げ申請中」なんという文言があれば、敷地を元水路や道路がある物件です。
 で、国や自治体の資産には、そういう機能廃止した水路や道路などの土地も含まれますね。歳入を増やすため、こういう土地も隣地の持ち主などに売り込みを始めているはずです。
 確かマスコミなどで出される国の資産の場合、現金や債権など流動性が高いものを出しているはず(詳しい人、教えて)。
ミューラー
2011/11/24 17:06
>SUNDAY毎日さん
>屋敷に付属する通路や畦畔と勘違いされ

あれ、元々里道というのが最初にあって後から家が建ったんですかね?(何時からある家か分からんので)

話は逸れますが、10年以上前の事。
近所の人が隣家に用があるからと、私の家の敷地(駐車場)を通って、お隣さん家に通ってた訳ですが
まぁ、近所の人だからと気に留めてなかったんですが、吃驚したのは「郵便局員」の人が「バイクに乗ったまま」通過してくれた事があります。
流石にコレは、「家は道路じゃねぇ」と思いました。
(流れ)
(1)前の家との間に車1台がぎりぎり通れる道路が在りまして、
(2)隣に用があるので、「家の敷地」をバイクに乗ったまま、隣の敷地へ。
(3)その隣家の門を出て道路へ。

(今思うと、確かに道路に見えるかも。)
家の場合、道路に面した所に門が無くて、駐車場の横に門がある。
但し、門柱はあるけれども門扉が無い。
隣との境目には、石垣はあれど一部途切れているので誰でも出入り自由。(石垣も畑の方は、脛の辺りの高さしか無いので跨いで入れます。)
そして、お隣さんの正門にも門柱はあれど門扉が在りません。
自宅の裏門には一応扉は有りますが、ノブを回せば開きます。(鍵といっても「つっかい棒」みたいなもんなので)
日中、家の地区は高齢者が多い(日中は1人の場合も)ので最近、近所では玄関の鍵が閉まっている事が多いです。
家ではどうかというと、まず開いてます。そして戸も開いてるので野良猫や燕(6月)が入って来る事も。
過去も今も変わらずこの状態。(別に困った事無いし)

座敷に居た時。「冬以外」縁側のガラス戸(鍵)開きっ放し+障子戸開きっぱなし。

長くなりましたが、結論を言うと「無防備」です。
山野
2011/11/24 21:47
 山野様

> 元々里道というのが最初にあって後から家が建ったんですかね?(何時からある家か分からんので)

 私の在所は、300年あまり前に時の領主の命により作られた干拓地で、土地が出来て家が建ったのですから道路や水路が先でしょうが、自然発生的に成立して発展してきた集落では、新たに家が建つと私有地であっても新たにそこに行く通路が出来、それは共有地となって……
 土地の登記制度ができたとき、それは「官有第3種」いわゆる赤線や青線と言われる里道や水路として国有地になったのです。(と私は理解しています。歴史に詳しい方でご存知であれば訂正なり補足をしていただけると幸いです。)

> 吃驚したのは「郵便局員」の人が「バイクに乗ったまま」通過してくれた事があります。

については、その「私の家の敷地(駐車場)」の権利関係について、法務局か市町村役場の地積図等を確認されてはいかがでしょうか?
SUNDAY毎日
2011/11/24 22:16
>私の家の敷地(駐車場)」の権利関係について
え〜と、確認について教えて下さったのに何ですが、
今現在、こういう事が無いので今更確認しない心算です。
(コレ、私が小学生時代の話でして10年以上は経ってます。)
あの時の局員さん。急いでたのか、近道しただけなのか今となっては分からないです。
山野
2011/11/25 02:43
管理人その他の言い分

「公務員の給料は同じスキル・職務・規模・学歴の民間と比べるべきであり、中卒ドカタや派遣と大卒公務員が比較されて高所得だと叩かれるのはおかしい」

一見尤もな意見に聞こえるが、そもそも才能や努力や規模を無視して「格差は悪。大企業や新自由主義は悪ニダ」と言って競争を否定し、低所得者を煽ってきたのは公務員労組だろう。

意味不明な難癖をつけて市場で努力する大企業や高所得者をバッシングし、「再分配しろ」と私有財産まで否定していたくせに、なぜ公務員の待遇は不可侵だと言うのか。

経団連企業の役員と派遣社員の収入に「格差」があるからけしからんと言ってた公務員労組よ、それなら公務員と派遣社の収入も「格差」ではないのか。

格差が悪だというクズ公務員労組は、全ての公務員の給与を派遣工や中卒ドカタの平均まで下げて格差是正することを提言するべきだ。
革命烈士
2011/11/26 17:35
新自由主義で格差が増えたからけしからんとホームページに堂々と書いてる日教組は、高すぎる教員の給与を派遣社員の平均まで下げるべき。

仰る通り格差は悪だから全員が底辺まで下げないといけない。

革命烈士
2011/11/26 17:37
管理人さんです。

「革命烈士」様
基本、コメント欄は自由に使っていただいて結構ですが、従前にも申し上げているとおり、あまりに、エントリー本体から脱線するような場合、メールでも投稿でもなんでも、こちらに連絡いただけましたら、そのために、必要なエントリーを立ち上げます。

今回のような投稿は、記事本体の趣旨から見て、可読性を下げるとともに、単なる「記事とは関係のない自己主張」にすぎません。

ぶっちゃけ、ご自分のサイトで、書いていただければ、一番ありがたいのですが、それでも、どうしても、ココで、ご自分の自己主張をしたいのであれば、再度、ご一報ください。

あなたのために、エントリーを立ち上げさせていただきます。

「その他の皆様」
今回の件に関しては、運営上のモデルケースとしたいので、上記、「革命烈士」様のコメントに関する回答については、自粛いただけますよう、お願いします。

また、逆に、ぜひとも反論したいと希望される方がおられる場合も、同様に、エントリーを立ち上げさせていただきます。

以上、ご理解とご協力をお願い申し上げます。
k.k.@管理人
2011/11/26 23:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
こくどう・けんどう・なっとくいかんどう 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる