地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【文化財防火デー】似たような思考が繰り返すことに気付いた

<<   作成日時 : 2012/01/23 23:48   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

ふと、今週水曜日、1月26日は文化財防火デーだなーと、思い出しました。
文化財防火デーは、昭和24年1月26日に、奈良県・法隆寺の金堂(現存する世界最古の木造建造物)が炎上し、壁画が焼損したことを契機として、昭和30年に制定されたものです。
ちなみに、この炎上事件は、昭和25年の文化財保護法の制定を触発したとも言われています。

古都・奈良県は、現在、日本第三位の文化財(国宝・重文)保有件数を誇ります。

ちなみに、都道府県別の文化財(国宝・重文)の保有件数は・・・
1位:東京都 2,694件
2位:京都府 2,138件
3位:奈良県 1,313件
4位:滋賀県   804件
5位:大阪府:  604件
6位:兵庫県:  455件
7位:和歌山県: 383件
・・・です。

↓文化庁サイト参照
http://www.bunka.go.jp/bunkazai/shoukai/pdf/touroku_201201_01.pdf

ん?
なんか、昔、似たようなコトを書いたような記憶が・・・

文化財防火デーと一極集中/2008年1月28日
http://kkmmg.at.webry.info/200801/article_16.html

1月26日って、文化財防火デーでしたね。
法隆寺金堂火災事件を教訓に、全国の文化財保有市町村で、行なわれているそうです(サボっているところも多いようですが)。

ところで、国宝・重要文化財を一番たくさん保有している都道府県って、どこかご存知ですか?
京都?奈良?

いいえ、正解は東京です。
京都は2位、奈良は3位。
(ちなみに、以下7位までは近畿2府4県です)

東京には、江戸期以降の文化財が多いことも事実です。
しかし、明治の廃仏毀釈運動の頃、大量の盗品が東京に流れたこと。
各種大学・研究機関が、研究資材として購入したもの。
個人・美術館が買い入れたもの。
政府によって、移管されたという例もあります。

財と権力が、更なる冨を集中させる見本なわけです。

そーいや、昭和の中頃、高松塚古墳の発見時、そのまま解体して、東京に持って行こうとか計画した学者さんがいたとか。
結局、最近、現地解体になりましたが。

今も東京はいろんな冨を地方から吸い上げています。
その中で、最も大きなものは、「人」でしょうかねぇ・・・
私的には、その対価が、交付税であり、地方振興だと思っています。

まぁ、最近、地方はかなり疲弊しているので、そろそろ吸い上げるものも、なくなってくるかな?
そうなると、もっと、地方は切り捨てられるんだろな・・・


わはは・・・
人間、時期が来ると、同じようなコトを考えるものなんだなーと、苦笑い。

このまま書き続けていたら、多分、ほとんど同じ記事を、もう1本、UPしていたでしょうね。
というか、ネタがループしているということは、そろそろ記事の書き方を考えねばならんのかなぁ?

ということで、本日は、自分のボケを、そのままUPしてみました・・・(ちょw

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎年冬になると「なんで真冬に放水訓練しなければいけないんだ」と思いつつ、十数年が経過しました。
この時期の訓練実施は文化庁の広報政策の一環なんで、ホントは夏場に訓練を実施してもいいんですけどね。
maillot
2012/01/24 02:52
管理人さんです。

あと、出初式もw
まぁ、消防団員として体を動かしている時は、まだ、よかったのですが、裏方や取材に回るようになってからが、また、つらくてつらくて・・・
k.k.@管理人
2012/01/25 23:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
【文化財防火デー】似たような思考が繰り返すことに気付いた 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる