地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 役所の非正規雇用率が・・・

<<   作成日時 : 2012/07/07 17:19   >>

驚いた ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 6

地元首長とお話する機会がありました。
財政のお話が中心だったのですが、それとは別に、首長が言ってたお話。

職員の非正規雇用率が、50%を超えました・・・と。

つまり、役所のスタッフの2人に1人は、パート・アルバイトか嘱託さん。
ご近所で、そんな自治体があるのは知っていましたが、ついに、わたしの住む街でも・・・
時代とはいえ、役所の構造も、変わりつつあることは、間違いないようです。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
非正規だといろんな勤務体形がありますから、週40時間の臨時職員さんも、週2.5日勤務で交代で窓口を埋めている非常勤さんも「一人」なわけで、役所で必要なマンパワーのどのくらいが非正規職員の皆さんでまかなわれているのか。
なにか調べる方法がありますかね?
かるーあ
2012/07/07 17:27
http://www.jichiro.gr.jp/jichiken/sagyouiinnkai/32-rinsyoku.hijyokin/pdf/02.pdf
ちと古い資料(2008年)ですが、確かに数年前から臨時・非常勤職員雇用率が半数を超える自治体はそこそこ増えているらしいです。問題は、自治体での民営化分野や行政規模はまちまちな点…委託が進んで非正規比率が下がる事も考えられるので、比率だけ見てもあまり意味はないかも知れません。

勤務時間は正確な値は分かりませんが大雑把かついい加減に推測すると平均30時間前後かも。(仮に4分の3以上→30、半分以上→20、半分以下→16時間とすると平均値は28.52時間)

非正規職員と聞くと時間的制約のある元専業主婦層が働いていると考えていましたが、常勤や30時間以上勤務の人も過半数に昇ることを考えると独身層も結構いるのかもしれませんね。(少子化の遠因だったりして)
ステート
2012/07/08 00:26
私の知る限りでは一家を支えなきゃいけないような二十代後半以降の男性が事務系の非常勤なり臨時職員をやっているのはあまり見たことがないですね。技術系や教育職は別ですが。
技術系は時給単価が事務の倍近い職種もありますし、教育職の臨時職員は期限付きの正規職員のようなものなので、いわゆる「ワーキングプア」とは一線を画すと思います。
かるーあ
2012/07/08 01:39
建設技術系なら単価はこんなものでしょうか。
平成24年度公共工事設計労務単価
http://www.mlit.go.jp/common/000205321.pdf
事務所の技官なら電工・配管工・大工、事務補助なら軽作業員、程度かな
Ackin
2012/07/08 09:04
国家公務員ですが
うちの場合は
非正規雇用率7割超えます。
かに
2012/08/11 16:29
管理人さんです。

7割ですか。
そーいや、教育委員会で社会教育やってた時って、そんな感じだったなぁ。
もう、嘱託&アルバイトさんがいないと、外回りの施設が運営できなかった記憶が。
k.k.@管理人
2012/08/15 00:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
役所の非正規雇用率が・・・ 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる