地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 公的証明書の有効期限

<<   作成日時 : 2012/08/25 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 7

先日、「住民票とか印鑑登録証明書の有効期限って、どのくらい」というお問い合わせを受けて、ちょっと説明に苦慮してしまいました。

いや、厳密に言うと、有効期限は、限りなくゼロです。
というのも、それらはは、「発行時点の住民情報の証明」でしかないわけで、翌日どころか発行直後に、住民情報が変わってしまえば、もはや、意味のないものとなってしまいますので。

まぁ、時間が経つにつれて、信頼性がなくなってゆくと言い換えても良いかもしれません。

ですので、そのことを説明したうえで、
「受け取る側の立場になれば、限りなく新しいほうがよい」
・・・と、答えておきました。

同時に、実際のところ、パスポートだと6ヶ月以内。
車両の名義書き換えだと3ヶ月。
・・・とか、受け取る側が有効期限を決めているというのが、正解かもしれないとも付け加えておきました。

「その時点での住民情報の証明」というものを、100%の信頼性で運用しようとすると、民間事業所も含めた、完全な住民情報のネットワーク化が必要になってくるんでしょうね。

まぁ、そんなことが、(いろんな意味で)可能となるのか否かはわかりませんが、それまでは、「紙」という、原始的なものに頼るしかないんでしょうけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国の住民票はインターネットで請求することができ、自宅のパソコンで印刷できるそうです。
もちろんオンライン決済もできるし地下鉄駅のキオスク端末など自動交付機での取得も可能。
つまり、紙の文書そのものには証明書としての大きな意味はなく内容で証明するということ。
文書ごとに異なる14〜16けたの文書番号を発行し印刷するというもので、文書を受け取った側は、この番号をインターネット上に照会することで、正式な公文書であることをチェックできる仕組みです。
聞いた時には、目からウロコ。単純にして明快。
つまりは、自分の登録内容の照会用の権限を相手に与えるということで、この方式だと照会時点の内容でもチェックすることが可能ですよね。韓国で実際に行われているかどうかは知りませんが・・・
友吉
2012/08/25 01:08
>友吉さん
住民票の請求などが手軽にできたら便利でしょうね。
しかし,便利・手軽さと裏表になるものがあると思います。
ただでさえ,町内会の名簿でさえ作りにくいほど,個人情報に敏感な社会になってしまいました。「自分の登録内容の照会用の権限を相手に与える」ということまでは,現在の日本社会になじむかどうか,
愛読者
2012/08/25 18:22
愛読者様>
「自分の登録内容の照会用の権限を相手に与える」っていうのは、過激な表現だったかも知れませんが・・・
証明方法は申請者が指定できるということなので、謄本・抄本といった世帯票か個人票かというような内容の指定ができるのだと思います。日本だと本籍地を記載するかしないかも指定できますね。
その内容以上の情報は照会できないようになっているはずですから大丈夫なんでしょう。
日本の住民票は、コピーすると「コピー」って文字が浮き上がりますが、内容がコピーできることには変わりありませんし「偽造・改ざん」の防止っていう意味を考えると韓国の方式が合理的だとだと思います。
でも、これだけ情報化社会になって、銀行や信販系業者の信用情報なども共有化されてしまっているのに、妙なところで個人情報保護などというのもおかしな気がしますね。
友吉
2012/08/25 20:01
個人情報って扱いが難しい分野ですよね。
行政が扱う個人情報では、銀行系の経済リスクよりも個人攻撃懸念が大きく、最近でも事件の加害者に個人情報を漏えいして大問題になったことがあります。内部なら限界も対策も出ますが、電子化するとどうしても外部に渡りやすくなります。

話題とされる韓国ではここ数年政府系・民間系問わず漏洩事件が立て続けに起きているので、そこから改善点を得られれば日本の電子化も上手く進みそうですが…。(最も、あちらでは漏洩しなくても住民登録番号だけで公私問わずほぼ暴露されてしまう)

それと、電子化によるリスクをどこまで受け入れるか決めるのも重要でしょう。紙のままでもリスクはありますから、どこまで漏洩を抑えるかコストと比較する必要がありそうです。
ステート
2012/08/25 22:34
某銀行で口座を作ったときのこと。電話がきて、自分は銀行の者だと名乗り、申込書の個人情報を確認のため、も一度しゃべれと言う。お前は誰だ、証明は誰がするかと尋ねても、私は銀行の者なので間違いない、言わないと口座を作らない皆そうしている、と言う。
皆そうなら、詐欺師が個人情報を手に入れるのは簡単ですね。
Ackin
2012/08/26 02:21
今、証明書発行関係の仕事をしています。そこでの感想ですが、自分がどんな書類が必要かわからないで来庁する市民の方が多く見受けられます。住民票について、本籍や続柄が必要ですかときくと、逆に必要なんですかと逆質問されることも多いです。そのときはあったほうがいいと答えています。
かんちゃん
2012/08/29 21:47
>かんちゃんさん
私も同じ立場なのでよく分かります。難しいところですよね。
ただ私の場合、本籍や続柄については提出先から入っていない方が良いと言われて、取り直しに来る人がたまにいるようなので、あまり下手なことは言わずに、有効期限も含めて提出先に確認するようお願いしていますね。
特に本籍は個人情報保護法やらのセンシティブ情報とやらに当たるからだとかなんとか…?
zs
2012/09/08 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
公的証明書の有効期限 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる