地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 会議でもT.P.O.が大事・・・当たり前だけど

<<   作成日時 : 2012/08/31 23:51   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 8

先日、とある外郭団体の会議記録を読んでたわけですが、その中で、思わず吹いてしまった一件。

議題は、その団体の人件費に関してのこと。
まず、委員さんから、人件費総額と人件費率に関する質問が出るわけです。
すると、事務局が、
「職員を減らす代わりに、アルバイトを増やして、人件費を下げるように努めています」
・・・と、答えたわけです。

普通は、ココで、
「なるほど」とか、
「いやいや、それでも、今よりも、もっと頑張って、コスト削減に努められよ」
・・・とか、話がつながるわけです。

しかし、その委員さん。
そこから、大演説です。

いはく、
「アルバイトを増やすことは、低所得労働者の増加につながる」
「官公庁が先んじて『官製』ワーキングプアを、生産するとは何事か」
「人件費の削減を名目に、住民の生活権を脅かしてはならない」
・・・と、どんどん脱線してゆくわけです。

おぃおぃ。
誰か、別の委員さん、止めてやれよ。

まぁ、オチとしては、
「アルバイトは、一般職員の補佐や、業務の繁盛期に補助的に雇用しているものである」
「また、それは、その時々の、業務量に応じて雇用しているので、年間を通しての給与保証の問題を論議するのとは、時元が異なる」
「雇用問題については、政府を含めて広く議論すべきものであり、このような外郭団体の運営会議で議論するようなものではない」
・・・というところで、まとまりました。

会議スタッフのみなさん、お疲れ様でした(苦笑)。

まぁ、人間、主義主張は、いろいろあるでしょうし、意見がある以上、人に聞いてもらいたいと思うのは、当然ですが、やっぱりT.P.O.は、大事にしたいものだと思いますです。はい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
TPO。Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)。和製英語。
「(自分が信じる正義のためなら、)いつでもどこでも公務員を批判していいーみたいな風潮にうんざりしています。
愛読者
2012/09/01 10:49
ちょっと違いますが、最低賃金引き上げは貧困世帯の世帯主ではないので、貧困対策ぢゃないという論文
http://www.rieti.go.jp/jp/publications/rd/046.html
Ackin
2012/09/01 11:11
 私は少し違った見方です。

> 事務局が、「職員を減らす代わりに、アルバイトを増やして、人件費を下げるように努めています」・・・と、答えたわけです。

 「職員を増やす代わり」の間違いではないかと思いますが、それはさておいて、回答としては「常時雇傭の必要のないマンパワーは臨時的任用(即ち、アルバイト)で対応して,人件費のみでなくトータルコストの低減に努めている。」と言うのが妥当ではないでしょうか?
 そして、

> おぃおぃ。誰か、別の委員さん、止めてやれよ。

って、「会議、早く終わらせようよ」ってことで、「役人の発想」としては理解できますが、人件費が議題となるような「方針の決定」とか「監査」の場では、アルバイトで対応すると言うことは品質保証につながることでもあり、あながち脱線とは言い切れないと思います。
SUNDAY毎日
2012/09/01 21:01
業務の質の変動(繁閑の差が大きくなった、補助的な事務のウエイトが増えた等)に直接の根拠をおき、その結果として人件費が削減されるのか、それとも、まさに人件費削減自体が目的なのか、どちらが正規→非正規シフトの理由に据えられているかでだいぶ結論が違ってくると思います。この記事を読む限り、事務局の言わんとすることは「人件費を減らすために、(業務は変わらないけど)非正規化します」と言っているように私には見えます。ですから「業務の繁盛期に補助的に〜」という発言こそ「次元が違う」ということになるのでは。

雇用問題について、国全体としてあくまで政府が取り組むべき問題であり、個々の雇用主には責任がないという意見にも賛成しかねます。外郭団体の労働者の雇用形態の如何は、その団体が決定するのですから、政府のマクロなそれとは質的に異なるとはいえ、労働者の数だけ雇用にかんする社会的責任があるとみるべきです。

そう考えなければ、例えば近年自治労あたりが熱心に推奨し、既にいくつかの自治体で制定されているような「公契約条例」も単なる「反納税者条例」という評価を下すほかありません。ひいては「官製ワーキングプア」という問題意識さえも、「ワーキングプア」自体は個々の「官」ないし自治体固有の問題ではないのだからというわけで、成立しえないことになってしまうではありませんか。
等々力
2012/09/01 22:49
TPOの欠如…自分も身に覚えがある話で反省しきりです。
勉強会なのに新作ゲームの話で盛り上がったり、バイト職場の反省会が上司・正社員の悪口を言い合う場になったり…(後者は精神の平穏を守る大義があるからセーフ?)

あと、仮にその委員さんが雇用問題の場で同じ事を述べたとすれば、非正規と一括りにする前に仮想モデルを立ててから論理的に考えて欲しいと思います。非正規って金持ちの社会勉強から技能が無い人の最後の砦まで多種多様ですから。

>SUNDAY毎日さん
こちらの推測ですが、この場合委員さんの指摘が「組織の評価」から「雇用問題」「生活権」などの社会情勢にずれていて、本題が進まないから止めたほうが良いって事ではないかと。
指摘を述べる場が雇用問題の検討会か政治集会であれば違和感は無いし、組織の資源・結果の指摘内容であれば良い議論になったと思います。
ステート
2012/09/01 22:57
私の超能力でその委員が所属する政党を透視してみた。ずばり、共産党でしょ。

ところで一般的に外郭団体の役目は行政サービスを提供することであり直接に安定雇用を提供することではないので、「官制ワープアが増加する」こと自体は全く問題ではない。
貧困や格差があったほうが良いのか悪いのかというのは非常に根本的な、国家の進む方向に関する哲学の問題なのですね


>そう考えなければ、例えば近年自治労あたりが熱心に推奨し、既にいくつかの自治体で制定されているような「公契約条例」も単なる「反納税者条例」という評価を下すほかありません。

そう考えなくても、「どうせ税金を使うなら、特権的土建屋経営者ではなく、広く底辺労働者まで分配するべき。そのほうが公平であり経済政策としても雇用政策としても正しい」ということかと。この条例は公共投資を奨励しているわけではなく、「税金を投資するならまっとうな分配をやれ」と言っているので、小さな政府であっても成立するのです。
革命烈士
2012/09/01 23:11
TPO、大事ですよね。私も話しが脱線して後で反省したり恥ずかしくなることがあります。
R.K
2012/09/06 00:48
管理人さんです。

私も、コメント欄が盛り上がってる時に、ボケたコメントを投下して、恥ずかしくなることが、何度も・・・(でもやめられないw
k.k.@管理人
2012/09/06 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
会議でもT.P.O.が大事・・・当たり前だけど 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる