地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【業界限定】緊急経済対策!?

<<   作成日時 : 2012/09/06 00:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 16

現在、特例公債法案が成立せず、政府は支出抑制政策を採り、地方交付税の交付も先延ばしとなっています。
そんな話をしていたら、同僚がボソっと。

これで、多くの自治体は短期公債を発行するコトになるな。
ということは、引き受け先になる、全国の地銀は、ウハウハだな。

うーむ。
確かに、公債ほど確実に儲かる債権はありませんが・・・(苦笑)。

支出抑制策が採られることで、儲かる業界があるとは思いつきもしませんでした。
世の中、ホント、いろんなところで、つながってるんですよねぇ・・・

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
質問させてください。
公債発行が多い自治体イコール借金が多い自治体(財政難)と理解してもよろしいでしょうか?
R.K
2012/09/06 03:00
こういう場合、利息の支払いは自治体負担になるんでしょうか?
これで利息を自治体負担するとなれば、大反発必至だろうなぁ、とふと思ったり思わなかったり…
二流社員
2012/09/06 06:46
短期公債での対応って事ですか・・・。
表(役所の外)からはなかなか見えない色々なところで、影響が出てきそうですね。

ところで、この件で「予算を認めてるのに、関連法を認めないのはおかしい」とか新聞読みながらブツブツ言ってたら、知人から「参院では、予算も関連法も両方認めたわけじゃない。参院では予算も否決した。予算が憲法の規定で半自動的に成立しただけだ。」と言われてしまい、アウゥ。(>_<)

「予算が衆院の優越で成立しても、関連法は優越による成立がない」という憲法上の問題が顕在化してるとも言えなくはないでしょか・・・。

--
一部自治体からは即日、「本来必要の無かった利子分は、国庫から補給して欲しい」という要望が出たようですが、どうなることか。
*国庫から埋め合わせと雖も、結局は国民の負担だから。ホントに、余計な負担を創ってくれたですよ、国政の与野党さん。

金曜日の定例閣議後に何らかの方針がでるかも・・・ですけど。どうなりますか・・・。
秘匿希望。
2012/09/06 09:42
>R.K さん

必ずしも発行額と財政に相関性があるわけではありませんよ。
今年度の市場公募債発行計画を見るかぎりでは、東京都や愛知県など財政状況が比較的良好な自治体が多く発行してますし、そもそも財政状況が悪い自治体には起債制限(国の許可が必要になるなど)がかかります。

とはいえ、公債発行が進めば、地方の財政や経済を蝕むのは明らかでしょう。
もしも金利が上がれば、自治体の負担増はもちろん、引き受け先の収益に悪影響を及ぼします。(特に、銀行の財務の悪化は企業融資を減らすなど、問題があちこちに波及しかねません)
本来ならば、大半を税収で賄った上で交付税で補完できればそれに越したことはないのですが、それらで行政サービスの費用を賄うだけの原資を確保するのは、現実では到底無理です。
したがって現状では、公債発行には歯止めはかからないでしょう。

いずれにせよ、地方でも赤字地方債の発行増加が問題となる中で、余計な公債費を発生させる事態を招いた国会議員さんらの罪は重いですね…
いなげ
2012/09/06 18:59
地方交付税を経理する交付税特別会計も、特別会計としての累積債務が「○○兆円」のレベルに達してますしねぇ。所謂「国の埋蔵借金」のひとつ。

要するに、交付税の原資として法定されている国税の総量では、現状の交付税交付金の総量を賄えていない状況が延々と続いているわけですが、そんな状況の上で、国会はこの状況・・・。(交付税を含む広義の)地方財政の公債依存を高める結果を招来してる。。。

とはいえ、いかなる国会議員も国民の選挙なくして、議員にはなれないわけで、「一方で、主権を有する国民全体の自業自得という側面もある」ので、果たして国会議員だけを責めるだけで良いのか?という命題はあるんですよね。

主権が存すると言うことは、国民は「観客ではいられない。無関心でいられても、無関係ではいられない」ってことですから。
乱暴な言い方をしますけど、「仮に国会議員の製造物責任という概念」があるとすると、国民全体(有権者集団)がそれを負うわけで。
秘匿希望。
2012/09/06 21:22
自治体が出す公債もその大部分は国の債務になる。今回の利子相当は確かに国の責任かもしれんけど。

国が払ってくれると思うて自治体が借金をすることを禁止すべき。

身の丈にあった予算で、負担と受益のバランスを。公共サービスのバラマキも法律を作って禁止するべき。(税収以上の歳出をした自治体には交付税を永久没収のうえ自治権を停止するなど)

そういう観点から、過度の甘やかしを廃した『自治体間競争』『自治体破産制度』『財政の自己責任』を掲げる橋下氏は、ほんとうにクレバーだね。

これに対して相も変わらず『格差ガー』としか言えない旧時代の遺物は思想界から退場すべきでしょう。

>秘匿
>観客ではいられない。云々
また、”天下り官僚・極左厚労族・濱口エセ教授”の利権談合郷愁ブログから悪影響を受けた方がここにもいらっしゃったのですか。
しょせん、『政治参加の過程を飢えた利権乞食たちの紛争』としか定義できず、その最終理想形態が『角栄式情実政治』という、頭の沸いたケインジアン崩れには、「自由あっての民主主義」という保守派経済学の根本を理解できないのでしょうな。

ところで「観客ではいられない」とほざいた湯浅はこの期に及んで「金持ちから搾り取れ」論に固執してますな。もう「左翼追放令」でも発して、経済的自由と個人の所得・財産を否定する論者から財産没収したうえ独島・東海・クリル諸島あたりに強制移住させたほうがよいですね
革命烈士
2012/09/06 23:56
今回の債務は形を変えた地銀支援にもなりそうですね。ただ、中小企業への資金融資分を当てられたら泣くしかありませんorz
優良企業ほど債務を分散してますけど、このケースでは全国各地の銀行が影響を受けるでしょう...
(一億円の借金ぐらい笑顔で背負えないと半人前と豪語した社長を思い出したw)
ステート
2012/09/07 07:40
今回の事案を「国が払ってくれると思うて自治体が借金をする」という文脈でしか応答できないのは、専門家を自称するお方の投稿としては、”いつもの芸風”でしょうかね。
単に理解してないとか、理解する気が無いとか、そういうレベルではないと思う。

--
「主権をもつ以上は、観客ではいられない」というのが、特定の主義主張との関係でしか認識できない人が、有権者の絶対的多数なら、この国は詰んでる(終ってる)な。
遙か昔にpoint of no returnを越えてる気がする。

政治的思想・主義主張が何であれ、間接民主主義・国民主権を採る以上は、「主権をもつ以上は、観客ではいられない」と言うことが・これが政治的思想よりもう一段根源的な部分なんだということが、有権者の絶対的多数に理解されないなら、今以上の政治(をなす政治家)は望めんだろうから。
秘匿希望。
2012/09/07 09:05
>「主権をもつ以上は、観客ではいられない」

↑↑↑
高所得者を闘技場にぶち込んでライオンと闘わせ、食われる様を見て楽しみ、その所得を没収して”高福祉低負担を望む”左翼・大きな政府論者・厚労族・福祉貴族・再分配原理主義ポルポト派・年金御用学者・プロ生活保護市民には言われたくないわな。

観客ではなく当事者というなら、”自らの稼働所得を搾り取る高負担を回避するため、極左再分配原理主義者と闘い、切実な利害関係から、”国家の奴隷”化と”隷従への道”を否定するわれわれ新自由主義運動の闘士こそ、まさに完全な当事者であると思われる。

高所得の学者でありながら格差ガーと言って自ら重税を求める”倒錯した連中”は、自らの利害と反している行動をイデオロギーのためにやってる”空想の世界の住人”でしょ。
革命烈士
2012/09/07 17:12
>革命烈士さん
自分が言えた義理ではないですが、一応示しておきます。
つ 「脱線注意報」
(どうせ独島だの脈絡もなく出す時点で荒らし目的に違いないけど)
ステート
2012/09/07 18:21
革命烈士くん、お帰りなさい!
所謂新自由主義者。
「橋下氏」の評価はこれからです。
「昭和維新」みたいな悲惨なことに
ならないように運動してください。
愛読者
2012/09/07 19:50
臨時国会ってやる内閣が必要を感じないと言い張ったら、開く義務ないですよね?選挙策送り自身が目的だった恐ろしいことに
Ackin
2012/09/07 21:55
以下は私見です。m(__)m

国会(臨時会)について、日本国憲法第53条に、以下のように規定されいます。
> 内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。
> いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

前段に「内閣は招集を決定する権利がある」とある一方で、後段に「内閣が招集する義務を負う条件」が定められている形に見えます。

従って、「いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求」があれば、臨時会を開く義務が生じるハズです。
現状では、野党側の意向で「憲法第53条ただし書の要件を満たせる」と思いますので、「無理矢理開かない」というオプションは現実化しないと思います。
秘匿希望。
2012/09/07 23:02
事故レスです。m(__)m
直近のワタクシの投稿の最後の部分
×「憲法第53条ただし書の要件を満たせる」
○「憲法第53条後段の要件を満たせる」
秘匿希望。
2012/09/07 23:04
革命烈士様のお名前は
「大城山革命烈士陵」
の革命烈士が由来ですか?
http://goo.gl/XoW6m
かに
2012/09/09 10:26
>かにさん
そういえばそうですね。
それは、ピョンヤンにある。
労働党の政治家が埋葬されてる。

新自由主義とは相入れない、
不思議な名前。
愛読者
2012/09/10 18:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
【業界限定】緊急経済対策!? 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる