地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 交通違反の反則金は何処に行く

<<   作成日時 : 2012/10/17 23:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 5

先日、近所の下り坂で、警察さんの速度違反の取り締りを発見。
私は、登りの逆走方向でしたので、下ってくる車に、片っ端からパッシング。

「スピード出しちゃ、いけないよ〜」と、猛烈アピール。
注)「取り締りやってるから注意しなよ〜」ではありません(笑)。

まぁ、事故が少なくなれば、取り締りの効果はあるということで、どうぞ、ご勘弁。
ということで、今日は、この取り締りと切っては切れない、交通違反の反則金のお話でもしてみましょうか。

よく、
「反則金は警察の予算になってんだろ〜」
・・・なんて言われていますが、それが正確でないのは、役所の財政関係を知る人間の間では常識。

んで、まずは法令から。

道路交通法 附則第16条
国は、当分の間、交通安全対策の一環として、道路交通安全施設の設置及び管理に要する費用で政令で定めるものに充てるため、都道府県及び市町村(特別区を含む。以下同じ。)に対し、交通安全対策特別交付金(以下「交付金」という。)を交付する。

注)第16条ではありません。附則16条です。念のため。

このように、これらの反則金は、警察ではなく、地方自治体の歳入だったりします。
正確には、事務経費を差し引いた後、国からの交付金(交通安全対策特別交付金)として、都道府県・市町村に分配されています。
そして、交通安全施設の整備原資として利用されています。

↓ 詳細はこの政令から
交通安全対策特別交付金等に関する政令
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S58/S58SE104.html

ですので、警察さんが、いくら頑張って、取り締まりを強化しても、自分の懐に入ってくるというものではありません。

まぁ、厳密に言うと、警察って、基本、都道府県職員だから、微妙にキャッシュバックがないわけではありませんが、システム的には無視して構わないと思います。

そんなこんなで、警察さんが交通違反の則金を取れば取るほど、地方自治体の歳入は増え、その結果、交通安全施設が充実し、事故も減るわけです。

・・・と、言い切っていいとは思いませんが、まぁ、理屈としては、そんなところです。

ぶっちゃけ、高速道路のスピード違反で捕まって、数万円の罰金を支払ったりすると、相当にヘコみますが、そのお金で人命が守られる施設を作っているのだと思えば、耐えられないことではありません。

ええ。
私は、そうして、耐えてきました・・・(涙)。
いや、さすがにこの年齢になると、ゴールドカード、もらってますけど。

まぁ、何にせよ、交通違反を犯したとき、無意味に警察さんを中傷するのはやめましょうね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
以下、為念の <伺>

> 高速道路のスピード違反で捕まって、数万円の罰金を支払ったり

エントリ本文中の上記の部分に関して、
1:反則金=過料=行政罰、罰金=刑事罰
2:反則金制度の対象事案で、反則金を納付しなければ刑事訴訟手続に移行
3:行政処分である反則金と異なり、刑事訴訟の結果としての罰金は前科になる
であることに鑑み、

上記引用の文中「罰金」とあるのは、「反則金」と読み替えるのが文意に叶うと解して宜しいか、伺います。

以上は細かいことですが、やはり「反則金」と「罰金」の違いは、法的には(社会生活の上でも?)大きいので。(ポリポリ;;
秘匿希望。
2012/10/18 10:08
「赤切符」だと、簡易裁判所に出頭で、罰金刑だったでしょうか。幸いにしてそんな目にあったことがありません。わたしもゴールド免許です。
愛読者
2012/10/18 21:26
管理人さんです。

お見込み通りです。
35kmオーバーで35000円の反則金だった記憶がぁぁぁ・・・

記事本体は訂正せず、恥を晒して戒めとしておきます。
はい。
k.k.@管理人
2012/10/19 00:12
”伺います”と書いて、”お見込みの通り”と、応える。。。

どことなく、某業界(謎)の遣り取りを連想させる様式ですねぇ。。。(ポリポリ;;

> 管理人様
> お見込み通りです。

野暮な突っ込みを致しました。ごめんなさい。ペコリ。
不調法をお詫び申し上げます。

いや、世間では「反則金も罰金も(過料も科料も罰金も)一括りに”罰金”と通称されている」という事は判っています。なもんで、便宜上”罰金”という語彙を選択するという事はアリだと思っています。
で、エントリ本文中の用例は、伺い文にもあるように、通称としての”罰金”であって、”反則金”のことだろうとは思ってましたよ、勿論。

ただ、当該blogのタイトルや、”役所と密接な関係がありそうな管理人様”という事に鑑みると、ハッキリさせた方が良いかな・・・と思った訳です。

差し出がましいかなぁ?とも思ったのですが、弁えのある人が読めば、文字通り”罰金刑の前科?”と誤解され(疑われ)かねないかなぁ・・・とか。。。

まぁ、アレコレ考えてしまった訳です。(トホホ;;

※※”厳密に罰金であれば、交通安全対策特別交付金の原資ではないかも知れん・・・”とかも思ったりしました、密かに。。。(ポカッ☆
秘匿希望。
2012/10/19 22:20
どうもすみませんでした。
一般に、反則金も罰金も「罰金」とひとくくりにされやすいと思ったので、わたしはちょこっと書きました。
管理人さまが罰金刑をくらったと思いこんでのことではありません。「罰金を支払ったとすると」という仮定の話だと思っていました。
「あ、35キロオーバー、ホントにしたんだ。」
と思ったくらいで…。

ともかく、余計でした。

(ポカッ☆
愛読者
2012/10/20 06:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
交通違反の反則金は何処に行く 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる