地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 最大級の名誉を前に

<<   作成日時 : 2012/10/27 01:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 11

ここしばらく、風邪で伏せっておりまして、前回のお約束の記事が書けていません。
ということで、ちょっと、小ネタを。

本日・・・否、もう、零時を回りましたかww
えー。昨日の午後、東京の麹町会館で、平成24年度市区町村議会議員総務大臣感謝状贈呈式が行われたようです。
これは、地方議会の議員として、通算35年以上にわたり在職した方を総務大臣が表彰するものです。
まぁ、基本、地方自治の発展に多大な功労があったと認められて、表彰されるわけです。

まずは、表彰された48人の皆様、おめでとうございます。

しかし、同時に、思うわけなんですが、議員生活35年ともなると、この方々、多分、この何年か何十年か後には、(その生死は別として)ほぼ確実に、瑞宝章あたりの叙勲対象になるんだろうな・・・と。

まぁ、日本の公務員(政治家を含む)の場合、叙勲を受ける人って、大概の場合、その前に各種の大臣から表彰を受けて、その集大成として、叙勲に至るってのが基本だから、間違っちゃいないんですけどね。

でも、国内最高級の名誉を受けるコトが(ほぼ)確定しているのに、その時点というか次々点あたりの名誉を先に・・・って、なんか、不可思議というか納得いかんというか、なんともなぁ(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
日本では勲章も年功序列ってことですよ

長年議員やってる=長年支持されている ということではありますが、一期二期程度の短期間、あるいは一期4年より在任期間が短かったとしても、功績を残す場合があるのではないか。
必ずしも短期間しか在職しなかった者が、長年その職に在った者より優れていないとは言えないのではないか。

賛否が分かれるが、決断が避けがたい問題に直面したとき、勇気ある決断をした結果その職を去らなければならなかった場合もある。

消費税増税などは、長く在職できない政策の典型だろう。

革命烈士
2012/10/27 11:16
そう思うと、野田さんって立派だなあと思いますねえ。
愛読者
2012/10/27 12:41
そうですね。
しかしそうは言っても「消費税増税は庶民いじめ」ということ自体が嘘八百なので、そうではないということをもっと的確に説明すべきではあった。

多くの経済評論家が言うように、消費税はサラリーマンにとって公平な税だし、所得税は不公平な税だ。だから労働人口の7割を占めるサラリーマンにとって公平な消費税が否定されるべき理由はない。

また逆進性という議論も、応益という観点を無視したイデオロギー塗れの話だ。


サラリーマンを所得税申告から排除してきた結果が消費税批判だ。
革命烈士
2012/10/27 14:19
消費税増税は庶民増税ではなく「庶民優遇」だということを正直に言わないといけない。

消費税増税が、今後の政治勢力を分けるリトマス試験紙になる。これに同意する勢力が「自由主義、資本主義、市場主義」であり、反対者は「極左、極右、共産主義者、国家社会主義者、ポピュリスト」であるといえる。
革命烈士
2012/10/27 14:25
感謝状の話、どこいっちゃったんだろ。
愛読者
2012/10/27 19:39
管理人さんです。

はいはい。
早々に、脱線注意報発令しておきますね〜。

いつもどおりの方針ですが、本論以外で語り合いたくなったら、いつでも、その旨、ご連絡ください。
脱線話題専用に、エントリーを上げますので。
k.k.@管理人
2012/10/27 20:59
現行の「勲章の授与基準(平成15年5月20日 閣議決定)」によれば、地方議員さんは原則として「旭日章」の対象みたいです。「瑞宝章」は一部の職員さんには可能性がありそうですね。
※為念:現行の叙勲制度は官民問いません。

※現状の叙勲は、法律ではなく、憲法第7条第7号を直接の根拠として行っている状態なんで、閣議決定が規範になるのはやむを得ないでしょうね。
内閣(=行政権の主体)としての最高の意思決定の方式ですし。
個人的には、法律がある方がよさそうに思いますけど、過去に何度も廃案になってますし、難しそうには思いますけど。

--
あと、エントリ本文の最後の段落をみて、ふと思ったんですけど。

この感謝状の贈呈って、通算35年という外形的な要因みたいですけど、本人さんに「辞退する自由」ってあるんでしょか?

将来の叙勲も、感謝状贈呈現在では「予定は未定」な段階ですし、辞退したいと考える人は少数派かなぁと思いもします。
秘匿希望。
2012/10/27 22:19
業界団体の長なども勲章を貰う可能性が高い。ただし自民党利権に噛んでないと無理。百姓とか土建とか漁師とか。
革命烈士
2012/10/28 17:29
管理人さんです。

↑ 100点満点で20点くらいかな?
文化人でも経済人でも工芸職人でも教育者でも福祉業界でも、それぞれの道で功績を残せば、叙勲の対象になります。

革命さんも、今から、何か極めてみませんか?

で、順序逆で恐縮ですが・・・

> 秘匿希望。様

ありゃ?
旭日章でしたか・・・
私が、叙勲絡みの仕事をしてた時って、瑞宝章ばっかりだったので、旭日章の存在なんて、完全に失念していました。
言われてみれば、某・研修で聞いた覚えがあるようなないような・・・
k.k.@管理人
2012/10/28 23:00
革命さんは既に別の能力を極めていらっしゃるようなので、
もうこれ以上別の能力は要らないんじゃないでしょうか。

と脱線失礼しました。
名無しの投資家
2012/11/07 00:21
管理人さんです。

いえいえ。
もしかして、今頃、文化勲章の授章に、皇居に向かわれてるかもしれませんよ・・・と。
k.k.@管理人
2012/11/07 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
最大級の名誉を前に 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる