地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 人権研修今昔

<<   作成日時 : 2012/12/04 23:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

本日、12月4日(火)から12月10日まで、人権週間です。

基本、役所の関係機関に勤務していると、いろんな研修がありますが、この時期は、お約束的に人権研修が、いたるところで行われています。

まぁ、基本的には、講師の先生を呼んで、どうのこうの・・・というのが、一般的なパターン。

私の若い頃は、同和研修が中心で、「昔はあーだった、こーだった」みたいな後ろ向きな話が毎年続くわけ。
そんな話、正直、小学生の頃から毎年聞かされてるわけで、もはや、ウザいというか、もういいかげんにしてくれというか、ホント、うんざりな時節だったと記憶しています。

しかし、同和対策三法が終了した頃から、状況は少しずつ変わってきました。

まず、障害者の人権問題が人権研修の話題にのぼり、介護保険法の施行に前後して、高齢者と人権の話題がテーマに上るようになりました。
そして、児童虐待事件の増加に伴い、子どもの人権も。

時を同じくして、同和行政も変化を見せました。
内々の事業から外々の交流へ。

その結果、同和研修も「昔はあーだった、こーだった」みたいな後ろ向きな話が「今の状況をどのように理解と交流、そして究極的な理解へとつなげるのか」みたいな、どんどん前向きな話になってくるわけです。

それに引きづられるように、他の人権研修も、内容がどんどん前向きになり、講演会中心のスタイルも、グループ討議を併用したものに変化してゆきました。

もう、人権研修が苦痛であったなど、過去のお話です。

人間、基本、社会的な生き物です。
行政職員もしかりで、何らかの成果を求めて仕事をしています。
前向きに仕事を進めるネタが投下されれば、そこから、次の仕事につながります。

行政とは、連続した変化を続けることで、恒久的な安定と持続を求めるものでもあります。
今後も人権問題への対応や研修は変化を続け、時代とともに、歩んでいくことでしょう。

・・・・・
・・・・
・・・
・・


ん?
このエントリー、人権週間の記事なはずなのに、どこにも「人権を大事にしましょう」とか、書いてないなぁ・・・

まぁ、そんな記事もあってもいいか(苦笑)。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人権研修今昔 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる