地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末調整で、なんで支払うの!?

<<   作成日時 : 2013/01/21 00:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 4

ここしばらく、私の周囲で、立て続けに、源泉徴収に関するトラブル・・・まぁ、正確には、全然、トラブルではないのですが、そんな小ネタが続発しています。

その内容は、すべて、

「年末調整で、取られた!!」

・・・です。

はい。
ある意味、だったらどうよというお話です。

理由は、自分の会社の給与担当者に聞きやがれと。
年末調整&源泉徴収は、基本、所得税のお話なんだから、百歩譲って、税務署に聞きやがれと。
一万歩譲って、役所関係者に聞くなら、税務担当に聞きやがれと。

なんで、そんなのに縁のない私に、そんな難しい話を、聞くんだよと・・・onz

まぁ、そんなわけで、なけなしの知識で可能性を探ってみましょう。

まず、毎月の所得税の源泉徴収税額は財務省告示によって定められています。

↓ 最新のものはコチラの4ページ
平成24年財務省告示第115号
http://www.mof.go.jp/about_mof/act/kokuji_tsuutatsu/kokuji/KO-20120331-0115-12.pdf

まぁ、普通に、毎月のお給料から、所得税を天引きして行けば、年末調整を経て、所得税の一部が還付される程度に、毎月の天引き額が定まっています。

では、何故に、年末調整で、「取られる」事態が発生するのでしょうか?
上記リンクの表を見ながら、思いついたコトを綴ってみましょう。

【可能性1】扶養家族が減った。

はい。
奥様や子どもさんなどの給与年収が103万円を超えた場合(=所得換算で38万円超)、年末調整前に気付けば、扶養家族から外してしまいますよね。
あと、離婚して扶養家族が減ったとか。

この場合、毎月の想定天引き額が、少なかったコトになりますので、年末調整の結果、「取られる」ことになります。

【可能性2】累進課税のデッドラインを超えた。

所得税は累進課税です。
非課税、5%、10%、20%、23%、33%、40%と、高所得者になればなるほど、税率が高くなります。

たとえば、所得税率10%程度の見込みで、毎月の天引きを行っていたのに、12月のボーナスが、超高額となり、所得税率20%のラインを超えてしまった結果、年末調整で「取られた」可能性。

ただ、この場合、累進課税が進むと、控除額も増えるので、この可能性は、ほぼ皆無ではないかと考えます。

せいぜい、年末調整で帰ってくる額が、限りなくゼロに近くなる程度ではないでしょうか。

以上、ぱっと考えただけでも、2つの例が思いつきます。
事業所の給与担当をしたコトのある人なら、もっと、いろんな例を思いつくかもしれません、

まぁ、何にしても、年末調整を行うのは、各事業所ですので、自分の事業所の給与担当に聞いていただければ、一発解決するんですけどね。

ちなみに、私の処に持ち込まれた相談は、基本、すべて【可能性1】で、解決しました。はい。

【おまけ】
そういえば、毎年、必ず、自治体の受付で「源泉徴収票の再発行はどこですか?」って、聞きに来る人が何人かいるよなぁ。
もしかして、そんな人が、私のところに!?

繰り返しますけど、源泉徴収票は、事業所が発行するんですよぉ〜。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
そもそも年末調整も確定申告も所得額を正しく計算し直す意味しかないのに、節税の道具・還付金確定扱いの人が多すぎるのもなんだかなぁ…

ちなみに賞与(ボーナス)は計算上前月の給与が基準になるので、月給に比べてボーナスが多い人だと追徴されることもよくあるのだとか。計画さえ練っておけば投資することで利息上それなりの得になりますw(でも、ボーナスをそこまで出してくれる会社なんて今時少なそう)
ステート
2013/01/21 08:45
管理人さんです。

なんだかんだで、賞与も下落傾向ですからねぇ。
今思うと、バブルの頃の年末調整とか、ある意味、異常だったんだろうなぁ・・・
当時は、そんなコト、思いもしなかったけど(遠い目
k.k.@管理人
2013/01/21 22:01
本来「年末調整」という言葉は、「過誤納の還付」と等値ではないのに、「年末調整=還付」という思い込みって、結構根強いのだろうなぁと思います。

「追加で納付」という結果だって、立派に「法令による納税額と源泉徴収による納税額との調整=実際の納税額を法令上の納税額に等しくする行為」の結果なのですけどね。

※話は違いますけど、「医療費控除で還付を受けようと、確定申告したら納税額が増えた」って給与所得者の知人がいて、話を聞いてみると、「そりゃ、給与所得以外のそれなりの額の一時所得を申告したら、(それは適法かつ真っ当な行為です、為念)いくら医療費控除があっても、追加で納税ですがな・・・。」みたいな・・・。
秘匿希望。
2013/01/22 21:20
管理人さんです。

そーいう思い込みのひとつひとつを晴らしていこうというのが、このサイトの趣旨でもあるのですが、まぁ、うまく行っているかどうか(苦笑)。

地味に、こーいうお話も、書いて行きたいものですが、さて・・・
k.k.@管理人
2013/01/22 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末調整で、なんで支払うの!? 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる