地方公務員拾遺物語 別館

アクセスカウンタ

zoom RSS 【阿久根市】2013年その後と大河原宗平氏

<<   作成日時 : 2013/09/30 00:11   >>

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 5

あの事件から2年。
このまちの名を聞くことも、めっきり少なくなりました。
各種マスコミも、阿久根市のその後をフォローすることは、ほとんどしていないようです。
もっとも、「便りがないのは良い知らせ」とも言えますが。

ただ、私としては、この問題にリアルタイムで向き合った以上、このまちについては、今後も、多少なりとも情報収集し、記録を残していかねばならないと思っています。

概況としては、毎月の広報誌を読む限り、特に、異常な点は見当たりません。
また、各議員さんのサイト等を確認しても、どのまちにも多かれ少なかれあるような問題や、普通に突発的なトラブルを抱えただけの、ありふれたまちとなったように見えます。

今後も、普通の市町村と同じように、様々な問題を解決しつつ、普通に地方行政を進めてゆくことでしょう。

ただ・・・
まだ1人、暴走している人がいるようです。
(注意:後半に記載していますが、「ニセモノ」である可能性があります)

はい。
現市長就任直後に、事実上の更迭を受けた、大河原宗平氏です。

元群馬県警警部補懲戒免職処分取消請求訴訟でも有名ですね。
(注意:今年の5月に東京高裁で控訴棄却。事実上の敗訴が確定した模様)

この方、自分の訴訟のさなか、前・阿久根市長の竹原氏より招聘を受け、(遠く群馬県より)鹿児島県の阿久根市の総務課長に就任。
竹原政権の末期を支えましたが、竹原氏の失脚後、(事実上の処置として)総務課長を更迭されています。
その後は、市民環境課の参事(=決裁権のない特命管理職)を経て、現在、給食センターの参事。
現在でも、阿久根市職員として、在籍されておられます。
(ちなみに、阿久根市は、毎年4月号の広報誌で人事異動を公表しています)

私は、基本、教育委員会が左遷職場だとは思いませんし、職業・業務に貴賎などないと思っています。
しかし、決裁権剥奪後、政策決定に関与することのない、しかも庁舎外の職場への異動というものは、明らかに・・・はい。

竹原(前)市長が招聘した、他の3人の管理職(課長)も、現在、それぞれ重要ポストからは外されておりますが、大河原氏に対する処遇が、もっとも風当たりの冷たいものであるようです。

ある意味、ご愁傷様なのですが、まぁ、この方は、試験任用期間が過ぎたら、本採用されないというのが、西平(現)阿久根市長の当初方針であったわけです。
それでも、こうして市民のために働けるということは、僥倖であるのかもしれません。

まぁ、今年度末で定年ですので、無理に波風立てずに「お引取りいただこう」と、いう方針に転換したのかもしれませんし、逆に、何らかの評価の転換があったのかもしれません。
そのあたりの人事権は、首長の専決事項ですので、想像するしかありませんが。

何にせよ、阿久根市に留まって、行政職員として、働き続けている、大河原氏ですが・・・はい、途中経過はここまでで、現在、こんなコトをされているようです。

大河原宗平のブログ
http://ookawara.doorblog.jp/

・・・読んで目が点になりました。
ええ。
もちろん、阿久根市に関する記述ですがね。

内容としては、行政の制度や法令、一般の社会通念等、ツッコミどころが満載で、まずもって、本当に現役の行政職員が書いている記事なのかという点からして、疑わしいものがあります。
・・・が、しかし、そんなレベルではなく、官公庁に勤務する人間であるなら、それなりに、自職に対する矜持や職員としての節度をもって、情報発信を行うべきであると。

否、それ以前に、自分の部署に関するトラブルを、まるで他人事のように書いているという、なんとも、信じられない、信じたくない内容となっています。

↓ 特に、こんなところ。
http://ookawara.doorblog.jp/archives/2013-06-30.html

以上のことから、正直に申し上げて、上記のサイトに関しては、阿久根市職員である大河原宗平氏を騙った、「なりすましサイト」ではないかというのが、私の初見の印象でした。
また、現在でも、「なりすましサイト」であってほしいというのが、私の本音です。
(現状、他の情報から判断して「本人の可能性は否定できない」とも考えますが・・・)

「大河原宗平のブログ」の内容については、今回、詳しく論評するつもりはありません。
上記の程度のレベルの内容であると書くだけで、(とりあえずは)十分かと存じます。

そして、最後に、以下の2つの記事を、ご紹介させていただき、今回のエントリーの締めとさせていただきます。
(自らへの戒めも込めて・・・)

国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点
(出展:総務省人事・恩給局)

http://www.soumu.go.jp/main_content/000235662.pdf

地方公務員のためのブログガイドラインを書いてみた
−ある地方公務員電算担当のナヤミ−

http://d.hatena.ne.jp/alittlething/20080508/p1



【備考】
本来であれば、特定の行政職員個人に対する情報や記事というものは、Web上での記載として、なじまないものであると考えます。
しかしながら、大河原氏についての情報は、すでに、かつての阿久根市事件で一般報道の記事となっており、一定の社会性があると考えます。
また、阿久根市の公開情報としても存在しています。
そのほか、群馬県警事件以降、ご本人自らが、メディアを利用して、ご自身の主張や情報を広く公開しておられます。
そのため、再度、その概要を記載することについては、社会通念上の問題はないと考えて、今回の記事とさせていただいております。

また、本件エントリーで紹介している「大河原宗平のブログ」については、上記の通り、その内容と程度の問題から判断して、本人のものでない可能性が、十分に想定されます。
そのあたり、十分にご留意をお願いします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
たけお市の桶渡は叩かないんだね

作者がどこの派閥か分かるというものだ
革命烈士
2013/10/09 20:37
管理人さんです。

ぶっちゃけ、全国1700の自治体の全てをウォッチングする義務なんて、私にはないもんで。

ですので、レスとしては、
「それ、何のお話?ウチで調べるのも億劫だから、自分のサイトのネタにでもしたらどーですか?」
・・・ってくらいでいいですか?
k.k.@管理人
2013/10/15 00:31
どうせ阿久根改革で既得権剥奪におびえた公的勢力が叩いてるだけでしょw

身を斬る改革、小さな政府、自由競争の導入が必要
革命烈士
2013/10/25 04:39
阿久根バッシングが、公務員既得権集団によって組織的に工作されていたことが分かる記事ですね^^;
反官主義
2013/10/28 11:56
管理人さんです。

> 革命烈士 様

記事本文ともコメント欄とも整合性のない投稿は削除の方向なのは、よくご存知のはずですが・・・

どうしたのですか?一体??

> 反官主義 様

はて?
私は、今まで、特定の行政組織に属していると発言した記憶は一切ありませんが??

どうぞ、過去ログをご確認ください。
k.k.@管理人
2013/11/02 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【阿久根市】2013年その後と大河原宗平氏 地方公務員拾遺物語 別館/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる