【産経新聞:岩崎慶市氏】思い込みと古い情報で記事を書かないで

産経新聞の日曜経済講座に「公務員改革の本丸は地方」という記事がありましたが、ちょっと、考えなしに書いているようでした。
論説委員・岩崎慶市氏の署名記事ということですが、さて・・・

産経新聞・日曜経済講座:「公務員改革の本丸は地方」
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/100905/fnc1009050741000-n1.htm

> 国家公務員の給与水準を100として地方公務員の水準をみるラスパイレス指数は、高給与批判を受けて一昨年度には98・7まで低下した。
> だが、これは全体数の3分の1である一般行政職の本給を比較したにすぎない。
> 数々の手当を加えれば、地方の方がまだはるかに高い。


(゚Д゚)ハァ?

では、全職種で比較してみましょう。
総務省資料の10ページをどうぞ。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000049070.pdf

国家公務員の平均給与月額:406,463円(残業手当・通勤手当等含まず
地方公務員の平均給与月額:432,301円(基本的にコミコミ

上記の条件比較では、国交・地公の給与差は、26,000円/月。
一見、地公の方が高いようですが、国公は、「手当含まず」なので、残業手当だけで、逆転してしまいます。

> しかも、その手当がおかしい。例えば危険・不快な業務を対象に支給する特殊勤務手当が窓口に座っただけでもらえる。

もらえるかぁぁぁぁ!!!

まぁ、確かにバブル絶頂期の頃、ごく一部の自治体で、それが存在したことは事実のようですが、当時、3,300もの自治体が存在したわけで、その中の一部で「ぶっ飛んだ」自治体があっても、おかしくはありません。

特殊論を一般論化しないでください。

> 数年前にドイツの地方公務員にこうした話をしたらあきれ返っていたから、公務員でもこの非常識が通用するのは日本くらいだろう。

岩崎さん。
いろんな意味で恥ずかしいので、外人さんを騙すのはやめてください。

> こうした民間では考えられない給与体系を実現したのは、(中略)自治労の力である。
> ちなみに、教職員の給与が一般行政職よりもさらに高いことも忘れてはならない。(中略)こちらは日教組の反対による。


再度、総務省資料の10ページをどうぞ。
http://www.soumu.go.jp/main_content/000049070.pdf

確かに、教職員のほうが、12,000(小中)~36,000円(高校)/月程度、一般行政職より、高所得ですが、自治体関係者としては、その程度、教育職に配慮することが悪いことだとは思いません。

あと何より、自治労と日教組を敵視するのは、産経さんのお家芸ですが・・・

自治労連を忘れてもらっちゃ困るぜっ!!!

過激さでは負けませんよ。はい(笑)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

恒吉
2010年09月06日 23:58
教職員、それから警察官や自衛官には、時間外勤務手当がありません。
クラブ活動の指導や生活指導、PTAその他の会議など時間外に出席しても手当は出ないんです。
もちろん、その辺りを拒否する教員もいますし、不祥事で報道を賑わせるような教員もいますが、真面目な先生方には本当に頭が下がります。
みかなん
2010年09月07日 08:00
大多数の真面目な職員の中にも、少数のしょ~もない職員はどうしても存在する訳でして、そこにスポットライトがあてられるのは仕方の無い事なのですよ。
報道する側は、まったくの嘘は書きません。都合の良い部分をピックアップして報道し、他は見なかった事にするだけです(写真だって一部だけ切り取られると印象は相当変わります)。

それが嫌なら、例外なくしょーもない人を排除するか、それ以上目立つように大部分の人の待遇を下げなければ現状は変わらないと思いますです。

そして、現実はかなりの職場で一般行政職も時間外は付きません(付けれません)よね。まぁ、予算が無いけど一人あたりの仕事が増えているのですから当然なのですが・・・・。もちろん、この部分は地元紙も知っていますが見なかった事になっています。
私の先月の勤務時間は400時間に近いですけど超勤簿は白いままです(苦笑)。窓口にも座りましたし、滞納処分で相手の職場や自宅にも40ヶ所は訪問しましたが、本給以外に付いた手当は住宅手当3000円のみ。これが現実なのですけどねぇ。

(しょ~もない愚痴でしたorz)
秘匿希望。
2010年09月07日 12:43
教育職と行政職の給与の差(行政職俸給表と教育職俸給表の別)は、国(中央政府)にもあるわけで、自治体(地方政府)の厚遇?に焦点をあてた記事で扱う内容としては、教育職公務員はまぁアレですよねぇ。

*国公務員については、国立学校の法人化(非公務員化)で、いま教育職俸給表が適用されるのは昔と比して少数ではあると雖も、今もあるし。

*それとも、特定の職員団体(の連合体)を批判することに、記者氏の狙いがあるのか・・・?(ボソッ

追伸:私(HN「秘匿希望。」)の一連のコメントに、管理人様を”いぢめる”意図はないので。(汗タラ~リ
2010年09月07日 19:40
管理人さんです。

3件のコメントを拝読して思うこと。
「私が書いたエントリーより、絶対に値打ちがある」

現場の声と情報ほど、得がたいものはありません。
情報以外でも、批判でも辛口コメントでも大歓迎ですので、遠慮なく、コメント欄をご利用ください。

この記事へのトラックバック